美しく、多機能で、安いマウス -- 他に何か必要?

eBayを目的も無く彷徨っていると、時として面白い商品に出会うことがあります。先日紹介した自在アームも、そんな感じで見つけて購入したものですが、またありました。

今回の商品は別に目新しいものではなく、ごく普通のマウスです。ただ、価格が思いっきり安い割にはデザインがとても美しいので、つい試しに買ってみる気になったんです。

下の写真は、eBayの商品写真を拝借させてもらったものですが、どうですか、この流麗なエルゴノミクスデザインは。うっとりするような曲線美。

マウス全景

外側の封筒だって、プチプチも何も無い薄いビニール製ですからね

購入手続きから10日くらいして届きましたが、相変わらずの中華クォリティーの梱包にはビックリ。

ま、言ってみれば精密機器に入ると思うのに、箱もパッケージも無く、こんな感じで封筒に入って送られてきました。だって、北京からこんな簡易梱包で送られてきたんですよ。

マウス梱包

ま、壊れていない限り、文句を言う筋合いでもありませんけどね。

さて、パッケージから(いや、薄いビニール袋から)出してみると、先の商品写真ほどの艶やかさは無いけど、美しい姿であることには間違いない。

マウス真上

握った感じも、手のひらにシットリと馴染み、まさにエルゴノミクスデザイン。ただ、慣れの問題かもしれないけど、スクロールホイールの位置が少し手首寄り過ぎるような気がする。

マウスを握って、人差し指をホイールの上に置くと、人差し指の第一関節辺りにホイールが来る感じになるので、ホイールを操作するには人差し指を折り曲げる必要があります。

それよりも何よりも、マウスを手にして一番驚いたのは、その軽さ。これって、外側のシェルだけで中身が入ってないんじゃないの、ってくらい軽く感じた。

重量を測ってみると、僅か85g(乾電池含む)しかない。

マウス重量2

比較に、いま使っているロジクールのマウスも測ってみたら、こちらは138g。50g以上重い。

マウス重量1

いや、とにかく軽いので、ロジクールのマウスとかは、操作の際の重量バランスを考慮して、わざと重く作ってるのかなって思うくらい軽い。

操作感は、気になる点もあるけれど、十分及第点に達してると思う

軽いといえばもう一つ、各ボタンの操作感も軽いので、軽く触れるだけで(意図しなくても)スイッチが入ってしまうことがある。これは好みの分かれるところかもしれない。

裏側の電池蓋を開けると、中にナノレシーバーが収納されています。駆動は単3電池1本で、オン/オフスイッチも(もちろん)あるし、スマートスリープモードも搭載。

マウス裏側

センサーはレーザーで、2.4GHz帯で動くワイヤレスマウスです。

正面から見ると、右手にフィットするように小指側に傾斜しています。左ボタンと右ボタンの高さに段差があるのはご愛嬌?

マウス正面

ホイールはベースラインから垂直に立っていて、左右ボタンは傾斜しているので、ホイールの露出高さが左右で異なります。ホイールの露出自体が少なめなので、これも微妙に気になる点。

このホイールに左右のチルトボタンは無いけれど、押し下げボタンの機能があり、また親指位置にはブラウザの「進む・戻る」ボタンがあります。

更に、DPI(読み取り解像度)の切り替えボタンがホイールの手前側にあるので、ボタン総数は6個。いわゆる多機能マウスに入るのかな。

商品紹介ページには、「Gaming Mouse」との記述があります。何をもってゲーミングマウスというのか分かりませんが、DPIが切り替えられるってが、その一つの拠り所になってる?

これでボタンに機能の割り振りが自由に出来ると素晴らしいんだけど、どこを探してもその手のドライバが見つからない。DPIの切り替えも、切り替わっているのかどうかの確認も出来ない。

購入価格と、手にした瞬間の軽さから、「ウッ、マズったか!」って思いが一瞬頭の中を駆け巡ったけど、ごく普通に使える多ボタンマウスです。

いくつか気になる点も無くはないけど、でも悪くないんじゃないかな。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1645-043c550b

<< topページへこのページの先頭へ >>