そうかー、空気清浄機って花粉も吸い取ってくれるのね

今年は花粉症が辛かった。例年、辛い思いをしている筈なんだけど、その時期を過ぎると忘れてしまうんですよね。そして、翌年の季節が来ると、また初めての体験のように苦しむ。

それにしても今年は辛かったなー。涙や鼻水が止まらないのは勿論、なんか偏頭痛までしてきて。最初は風邪でもひいたかなって思ったけど、どうやら花粉症による症状だったようです。

今は少し収まってきてるのかな。でも、最盛期には本当に泣きが入る思いでした。ティッシュを手放せないし、ごみ箱は1日で溢れてくるし、何をやっても集中できないし。

ある日ふと思ったのは、もしかしたら空気清浄機って花粉を吸い込んでくれるんじゃないかってこと。調べてみると、もちろん花粉症対応を謳った商品がたくさんあります。

空気清浄機で花粉を吸い込むって、考えてみれば何の不思議もないんだけど、私の頭の中で空気清浄機と花粉とが結びついていなかったんですね。

前面の全面から吸い込んで、上に向けて吹き出す

さっそく買いました。大きさも値段も手頃なZOJIRUSHIの空気清浄機。

空気清浄機

大きさのイメージが掴めないかもしれませんが、正面から見て40cm角って感じかな。以外にこじんまりしてるけど、これで16畳タイプとのことなので、中々にパワフルなようです。

モード切替の中には、「花粉」モードというのがあって、花粉を素早くパワフルに除去してくれるとのこと。もちろんホコリなども吸い込み、活性炭の働きでにおいを除去してくれます。

購入して初めて使う際には、本体内側にセットされているフィルターをビニール袋から出して使うようにとのことなので、前面パネルを外すと、大きなフィルターが出てきました。

空気清浄機フィルター

見て分かるとおり、前面のフロントパネル全面で吸気するようです。吸い込まれた空気は、フィルターで花粉やホコリ、ダニの死がいや細菌を除去し、上面から綺麗な空気となって排出されます。

空気清浄機上面

この上面の吹出口が結構大胆に開いていて、特にフィルターのようなものも見当たらない。なので、上から何か落として、この吹き出し口の中に入ってしまうちょっと大変かも。

もちろんホコリも入る。使おうとした時に吹出口からホコリが舞い上がるって危惧も?

スギ花粉って、PM2.5の10倍以上の大きさなんですね

この空気清浄機を買った最大の目的は、冒頭に書いたとおり花粉を吸い込んでくれることですが、折角なのでこのところよく話題に登るPM2.5も除去して欲しい。

が、説明文のどこにもPM2.5の文字が無い。

ところで、この空気清浄機の交換用フィルターですが4000円くらいします。商品価格の約2/3がフィルターってことになりそうです。

で、その交換フィルターのレビューを見ていたら、「HEPAフィルターでない割りには少し高い」といった意見がいくつかありました。

HEPAフィルターって何? 

調べてみると、JIS規格で『定格風量で粒径が0.3μmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率をもち、かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルター』と規定されるとのこと。

簡単に言ってしまえば、捕集率の高い高性能フィルターってこと。

さて、本機ですが、レビューの中に「PM2.5に対応してるのかメーカーに問い合わせてみた」ってのがありましたが、それによると以下のような感じかな。

「直径0.3μmより小さい粒子は除去できないし、直径0.3μmであっても100%除去できる訳ではない。でも、0.3μmの粒子を除去できる能力は98%以上ある」

うーむ、HEPAフィルターとの違いは僅か0.1~0.2%ってこと?

一方のPM2.5の大きさは? 

空気中に浮かんでいる小さな粒子の内、粒径2.5μm以下の粒子をPM2.5と呼ぶらしい。逆に言うと、粒径2.5μm以下の微粒子と言うだけで、その中身は何も規定されてないんですね。

粒径2.5μm “以下” ってのが微妙な表現だけど、取り敢えずまったく捕集してくれないって訳では無さそうなので、ちょっと安心した。

ところで、肝心のスギ花粉の大きさはというと、こちらは30μmと、PM2.5の12倍の大きさがあるとのこと。なるほど、まかり間違ってもスギ花粉は確実に捕集してくれるようです。

使ってみた効果は、結構大きいように感じます。「感じます」ってのは、その日によって花粉の飛散量が変動するので、花粉症の症状が治まってるのが、これのお陰なのかが分かり難いので。

ただ、既に1週間くらい使ってるけど、ティッシュの使用量は確実に減っています。ごみ箱がティッシュで溢れることも無くなりました。

一方で稼動音は結構します。「急速」で稼動しているときは、そこそこうるさい。ま、それだけ一所懸命働いてくれてるってことなんですけど。



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1665-a92a2a6c

<< topページへこのページの先頭へ >>