オークリーの(互換)交換レンズが嵌らなくて悪戦苦闘

長年愛用しているオークリーのサングラス(ハーフジャケット)ですが、レンズ表面のコーティングが剥げてきてしまいました。

オークリーコーティング剥がれ

しばらく我慢して使っていたのですが、見た目も格好悪いし、使っていても気分が悪いしで、諦めて交換レンズを買うことに。

とは言っても純正品は高くて買えないので、互換品(オリジナルブランド)を買おうと、以前購入したVisionary Lensesを検索してみたら、なぜかREVANTがヒットします(買収された?)。

相変わらずオークリーの替えレンズを売っています。でも値段を見ると、これが思ったほど安くはないんですよね。色々種類はあるけど、送料含めて4000円くらいな感じかな。

念のため国内でも調べてみたら、Amazon で ZERO というブランドの交換レンズが売られていました。価格は3800円なので、海外から直接買うのと同じくらいの感覚。

3~4年前には、間違いなく国内では買えなかったのに(かなり一生懸命探した記憶が)。

何度トライしても、どうしても嵌らずに大苦戦

それなら、eBay辺りならもっと安いのがあるんじゃないかと探してみたら、見つけました。Galaxy Replacement Lenses というもの。レンズ代が1000円少しに、送料が500円。

まあ、1500円なら悪くない選択かなって思い、ご購入。

届いたのは、恐ろしいことに箱にさえ入っておらず、2枚の薄いビニール袋に入れられ、プチプチに巻かれただけのレンズ。ま、ポリカーボネイト製ですから割れる心配はありませんが。

さっそく新旧レンズを比較。実は、前回のVisionary Lenses ではかなり苦労したんです。オリジナルと形状的に差異があり、ヤスリで削ってやっとフレームに嵌るようになった経験が。

今回は、両者を重ねてざっくり比較した感じでは、 “ほぼ” 同じ形状のようです。

レンズ新旧比較

上がオリジナルで、下が今回の購入レンズ。良し!って思い、古いレンズを外し、新しいレンズをフレームに嵌めてみようとしたら・・・これが入らない。なんで?

再び形状を比べたり、厚さを測ってみたり、湾曲度合いが問題?って考えてみたりしながら、何度も手を変え品を変え嵌めようと頑張りましたが、入りません。

それならどこか削ればいいのかってことなんですが、明らかに “ここ” を削ればOKというような箇所が見当たりません。なるほど、完全に同一形状ではないけれど、ここが問題って点もありません。

困ったなーって、1時間以上悪戦苦闘していたら、ある時片側のレンズが不意に嵌ったんです。片方が嵌ることが分かれば、もう一方はそれにならって嵌めるだけ。

いやー、大変だった。新品の如く復活したけど、もう怖くてレンズを外せないかも。

オークリー復活

偏光レンズって、カメラ撮影の時は要注意なんだよね

今回買ったのは、イリジウムブラックというカラーの偏光レンズ。本当はもっとミラーのような奇麗に反射する表面をイメージしてたんだけど、そこまでの反射は無くてちょっと残念。

でも、偏光レンズなのはいいな。液晶モニターにかざしてみると、偏光具合が分かります。

液晶に対して横向きの時、偏光度合がマックスになります。

レンズ偏光2

レンズを傾けていくと偏光度合が薄れていき、

レンズ偏光3

液晶画面に対して縦向き状態で偏光度合いがゼロになります。

レンズ偏光1

因みに、旧レンズは縦にしても横にしても光の透過量は変化しません。

偏光無し旧レンズ

そうだ、いま思い出した。以前偏光レンズのサングラスを掛けてカメラで写真を撮っていた時、何気なくカメラを縦に構えたら液晶画面が真っ暗になって、壊れたのかとビックリしたことがあります。

そうかー、偏光レンズにはこれがあったな。気を付けることにしよう。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1677-994df193

<< topページへこのページの先頭へ >>