白地に赤の東芝製(並行輸入品の)microSDカード購入

少し前に、eBayで64GBのUSBメモリーを買いましたが、今回はAmazonで買ったmicroSDカードのお話。

急遽、SDカードが必要になり、eBayで買えば確実に超低価格で購入できることは分かっていたけど、届くのを待ってる(気持ち的な)余裕が無かったので、Amazonで買うことにしました。

SDカードで探してみると、32GBで一番安いので千数百円程度。ま、そんなものかなって思いながら見ていたら、microSDカードでやけに安いのを発見。それも東芝製。

32GBで770円でした。種を明かせば、並行輸入品で、日本国内ではメーカーサポートは受けられないらしい。でも、770円なら何かあったとしても諦めがつく価格だしね。

これを買おうとしたら、どうもSDカードへの変換アダプターが付属してないらしい。microSDカードを買えば必ず付いていたような気がするのは記憶違い?

いずれにせよ変換アダプターは必要だし、これだけ買おうとすると300円以上もしていてビックリ。そんなに高い(ってわけでもないけど)ものだったのか。

で、改めて探していたら、先のmicroSDカードに変換アダプターをセットにした商品を見つけました。価格的には90円くらい高い。それもで、32GBで860円なら何の文句もありません。

ホログラムのToshiba認証シール付き、正真正銘の東芝製

こんなパッケージで届いたんだけど、何となく微妙な違和感を感じる。

マイクロSDカードパッケージ

何だろって思いながら収納ケースに入った変換アダプターを取り出そうとしたら、分かりました。この収納ケースと変換アダプターは、microSDカードのパッケージにセロテープで貼ってあるだけ。

ま、無理やり(?)セット商品にしたって訳ですね。

ホログラム証

microSDカードの方の台紙には、ホログラムのToshiba認証シールが貼られています。

このmicroSDカードはClass 10。最低でも読み書き速度が10MB/s以上あることが保証されてるわけで、現時点で規格化されている Class の中で最高速度です。

UHS-Iの登場により飛躍的に高速化が進んだ?

パッケージには、最大読込速度48MB/sと記載されています(中国語だけど)。更にもう一つ、UHS-I という規格が表記されているんだけど、わたし的には初見。これは何でしょ?

UHS-Iってのは、高速なインターフェース仕様とのこと。UHSは、Ultra High Speed の略で、最高104 MB/秒の転送能力を持っているらしい。

但し、カードとホストの両者がUHS-Iに対応している場合に限り高速パフォーマンスを発揮することができ、どちらかが対応していない場合には従来のインターフェース仕様での通信になると。

Amazonの商品紹介には、パソコン側USB3.0ポートとUHS-1対応USB3.0カードリーダとの組み合わせで、十分な性能を発揮できると書かれています。

少なくとも、こいつを普通のスマホやデジカメに直接差し込んだ場合は、Class 10 の読み書き速度が適用されるってことのようです。

でも、これでもカメラでフルハイビジョン動画の撮影程度なら全く問題ないようなので、個人的には必要十分だけどね。

それより、このmicroSDカードの配色が格好いいんだけど!多くは黒が基調なのに、こいつは白地に赤。他にも白地に青とかもあって、なかなか美しい仕上がりになってます。

マイクロSDカード本体

ま、機器の中に入ってしまえば、その姿を再び見ることはほとんどないんですけどね。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1678-feae6868

<< topページへこのページの先頭へ >>