ある日を境に、パソコンのファンが激回転するようになり

ここ最近、どうもパソコンの調子が良くない。ある日を境に、急にファンが回るようになった。それも頻繁に、そしてもの凄い勢いで(少なくとも音はそんな感じ)。

「新しいソフトをインストールしてから」といったようなことは何も思い当たらない。何なんだろ、コレ?

しばらく我慢して使っていたんだけど、ファンの音がどうも耳触りでイライラしてくる。

cpu稼動ファンが急速に回ってるってことは、当然CPUの稼働率も高いってことで、こんな感じになってる。

恐ろしいことにCPUの稼働率が80%。特に何か重い作業をやってるわけでもないのに。

これまでにもCPUの稼働率がこんなに高くなることがあったのかどうかは分からない。

もしかしたら、CPUの稼働率自体は以前も今も変わっていないけど、ファンだけがフル回転するようになったという可能性もあるわけで。

ところで、このCPUの稼働率が高くなる元凶は何なのかとタスクマネージャーで調べてみると、やっぱりこいつだった。私には相変わらず正体不明の svchost.exe。メモリも大量に消費してるし。

svchostプロセス

この svchost.exe には以前から何度も悩まされてきました。どういうタイミングで出現するのか、中でどんなタスクをやってるのかさっぱり分からないので対処のしようがない。

あまりに鬱陶しくて、つい「プロセスの終了」をやってしまうこともあったけど、そうするとやっぱり何かしらの不具合が出てきたりするんだよね。

何か他に手段がないのかと調べていたら、svchost.exeを右クリックして「サービスの表示」を選ぶと、svchost.exeが使っているサービスが隣のサービスタブ内に表示されるという情報が。

サービスの表示

で、その色々とある中に wuauserv ってのがあるので、これを再び右クリックして「サービスの停止」を選ぶと・・・CPUの稼働率がガクンと下がり、メモリも解放され、そしてファンが静かになった。

サービスの停止

素晴らしい!

この wuauserv ってのは、Windows Update のサービスとのこと。なので永久に停止しておくと勿論問題があります。

ま、手動で Update すれば済むことですが、でも実際にはいつの間にか wuauserv が復活(実行中)していることが多いので、あまり気にしなくてもいいのかも。

この技を使ってから2週間くらい経ちますが、手動で Windows Update をしたことはありません。でも、wuauserv を手動で「サービスの開始」をしたことはあります。

取り敢えずは、こんな付き合い方でいいのかなって。

ところで最近気がついたのは、 wuauserv のサービスはWindows Update だけではなく、[Windows Defender] での[スケジュールされたスキャン]も含まれているようです。

頻繁にCPUの稼働率が上がるのは、このスキャンが大きな要因だったような気がする。まあ、スケジュールを変えればいいんだろうけど、こんなに頻繁にスキャンする必要があるのかな?

ところで肝心のファンの騒音だけど、 wuauserv の「サービスの停止」をやると、本当にスッと静かになる。でも、どうもこれだけではないような気もしていて。

wuauserv が停止中でもファンが勢いよく回ることもあるので、もう少し踏み込んでみないとダメかもしれないな。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1680-be941bac

<< topページへこのページの先頭へ >>