やっぱりレンズの数だけレンズリアキャップも必要だと思うな

パナソニックのミラーレス LUMIX GM1SK が手元に届いて最初に開封した時、アレアレ?って思ったのはレンズのリアキャップが付属していなかったこと。

標準ズームレンズとのセットなんだけど、このレンズは本体に装着された状態で梱包されていたので、リアキャップは不要と言えば不要なんだけどね。

LUMIX

また、このレンズ1本だけしか所持しないなら(レンズ交換しないなら)、これまた不要と言えば不要。でも、レンズ交換式のカメラで、それは無いでしょ。

それなら交換するレンズにはリアキャップが付いている筈だから、それを外したレンズに付け替えればいい? ま、実際そうやっているんだけど、これが面倒で。

カメラからレンズを外し、それをバッグの中に一旦置き(あるいは片手で持ちながら)、交換用レンズをバッグから取り出し、そのリアキャップを外してカメラに取り付け、一旦仕舞っておいた元のレンズにリアキャップを装着して、再びバッグの中に戻す。

これを立った状態で(レンズを落としそうだなってヒヤヒヤしながら)やるのは、結構神経が疲れる。

これがレンズと同じ数だけリアキャップがあれば、少しはレンズ交換の手間が省ける(ま、 “微妙” 程度かもしれないけど)のではないかと思い、リアキャップを買うことに。

りヨドバシ.com にはLUMIXブランドのリアキャップが3種類あって

レンズのリアキャップなんて、ご存知の通りただのプラスチック成型品。レンズキャップのような機構があるわけでもないので、100円程度?せいぜい200円くらいって思ったら、これが以外に高い。

Amazonで見つけたマイクロフォーサーズ用レンズリアキャップで一番安いのは、アマゾンオリジナル(ETSUMI製)の453円。まあ仕方ないかとレジに行ったら、2000円以下なので送料まで加算。

こりゃダメだわって思い、今度はヨドバシ.comで探してみたら、LUMIX純正品がありました。

が、なぜか3種類ある。品番で言うと、DMW-LRC1、VFC4605、VFC4315の3種類あって、値段も微妙に違う。でも、詳しい説明が無いので、どこに違いがあるのか分らない。

改めてAmaonでも調べてみたら、LUMIXブランドのレンズキャップとしてDMW-LRC1が売られてた。でも、Amaonで501円する同商品が、ヨドバシでは319円。ポイントを換算すると300円切り。

が、同じくヨドバシで売られているVFC4605は、なんと216円で、ポイントを引けば194円。

色々と調べてみると、DMW-LRC1というのが現行品で、安いVFC4605は旧バージョンで、生産終了品の在庫分が出回ってるらしい。ただし、品物としてはほぼ同一?

残ったVFC4315は初期の頃のもので、厚みが現状の8mmに対して11mmと結構ぶ厚いらしい。

ということは、値段とかすべてを総合的に鑑みれば、ヨドバシでVFC4605を買うってのが、どう考えても選ぶべき道でしょうね。

2個買ったのは、この後に試してみようと思うことがあって

で、届いたのがこちら。結局安く買えたので2個購入。

LUMIXリアキャップ

ヨドバシの商品写真が、写真でなくシンプルなイラストだったので微妙に心配してたんだけど、普通の(悪く言えば何の変哲もない)LUMIXのロゴ入りリアキャップが届きました。

手持ちのオリンパスのリアキャップと比べても、遜色ないというか、まあ共に普通ですね。

リアキャップ2種

横から見ても、厚みは両者とも同じ8mm。左側の角ばってる方がLUMIXブランドのもの。

リアキャップ2種比較

2個買ったのには理由があって、外でレンズ交換する手順をもっと簡略化(精神的安心感も含めて)できないかと、ちょっとしたことを構想中で、その話はまた次の機会に。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1700-489129a3

<< topページへこのページの先頭へ >>