システムのバックアップ機能の一つ「システムの復元」を確認する

長年Windows7に慣れ親しんできて、友人のWindows8を使ったらその使い難さに辟易し、ずっとWindows7を使い続けようと決めていたところにWindows10の無償アップグレードが登場。

そしてここ暫く、Windows10に慣れようと孤軍奮闘中。使う前は、Windows7とWindows8のイイとこ取り?みたいなイメージがあったけど、実際使ってみると意外とWindows7に近い?

少なくとも、Windows8に触れた時よりは戸惑いが少ないかな。いずれにせよ、Windows10をこの先も使い続けていくことになりそうです。

Windows7で慣れ親しんだあのコントロールパネルを見つけた

ということで、まだまだ戸惑い中のWindows10だけど、中でもコントロールパネルが意味不明。

ここで言っているコントロールパネルとは、スタートボタン(画面左下のWindowsロゴ)をクリックして出てくるスタートメニューの中の「設定」のこと。

Windows10設定

なんだけど、これってもしかしたらコントロールパネルではない?って疑念も少なからずあった。そして今日、ふとしたことから本来の(?)コントロールパネルを見つけた。

スタートボタンを右クリックしたら、出てきたウィンドウの中に「コントロールパネル」の文字が。それ以外にも、「どこかにあるのかな?」って何となく探していた数々の項目がある。これは嬉しかった。

スタートボタンから

そしてコントロールパネルを開くと、これまで使い慣れてきたあのコントロールパネルが。

従来のコントロールパネル

これまで何度かお世話になったことがある「システムの復元」を探してみよう

早速、Windows10を使い始めてからずっと頭の片隅で気にかかっていた、バックアップ関連の項目を探してみることに。

真っ先に見つけようと思ったのは「システムの復元」。

例えば、あるソフトをインストールしてからPCの調子が悪いとか、怪しげなサイトを見た後から変な広告が表示されるようになってしまったといった際に、「復元ポイント」まで遡って、調子が悪くなる前の状態に戻すことが出来るという機能ですね。

コントロールパネルから、「システムとセキュリティ」=>「セキュリティとメンテナンス」と辿って、右下の「回復」をクリック。

システムの復元4

すると、「高度な回復ツール」というのが出てくるので、ここで一番下の「システムの復元の構成」をクリック。

復元ポイント1

すると新しいウィンドウが開いて、やっと探していた「システムの復元」と出会うことが出来ました。

復元ポイント2

システムの入っているドライブは、デフォルトで「有効」になっているようです。これが有効になっていたら、復元ポイントが自動的に作成されるってことのようです。

試しに「構成」をクリックしてみると、「システムの保護を有効にすると・・・・」との記述がありました。

復元ポイント3

これで怪しげなサイトも不安なく見ることができます・・・いやいや、そういうサイトは避けて通らなければいけませんね。でも、ちょっと安心。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1720-f33df2e3

<< topページへこのページの先頭へ >>