ミラーレス一眼のレンズ交換の手間を簡略化するために

ミラーレス一眼を持って出かける時、通常は標準ズームと言われるレンズを装着して、さらに交換レンズもバッグに入れて行きます。

大概は標準ズームで事足りるわけだけど、何らかのタイミングでレンズを交換しようとした時、これが面倒臭い。レンズ交換中に、いつかきっと落とすよなって思いながらいつもビクビクもの。

(私の)一連の手順はこんな感じ。

カメラからレンズを外し、それをバッグの中に一旦置き(あるいは片手で持ちながら)、交換用レンズをバッグから取り出し、そのリアキャップを外してカメラに取り付け、一旦仕舞っておいた元のレンズにリアキャップを装着して、再びバッグの中に戻す。

慣れてる人にはどうってことない作業なのかもしれないけど、私は多分一生慣れることは無いような気がする。

それならレンズ交換の手順を少しでも簡素化できないだろうか、と。

カメラから外したレンズを(安全に)置く場所があるだけでも随分楽になる

レンズ交換しながらいつも思っているのは、「外したレンズを、そのために確保されたバッグ内のスペースに投げ入れ、別のレンズを取り出してカメラに装着」するだけなら随分と楽かも、って。

これを実現するためには、バッグ内にレンズ2個分のスペースが確保されていることが最低限必要。専用の大きなカメラバッグなら問題ないんだろうけど、私が常用している小さなウェストバッグだと、何らかの工夫をする必要がある。

例えば、だいぶ前に買ったこのインナーバッグ。これをウェストバッグの中に入れておけば解決に一歩近づくんだけど、不必要に大き過ぎ。なので、これまで一度も使ったことがない

カメラインナーバッグ

それに、もしもこのインナーバッグを使ったとしたら、やっぱりレンズにリアキャップをしないとホコリが心配。カメラから外してそのままで、ってのはちょっと抵抗がある。

インナーバッグの底部分がリアキャップだったとしたら、すべての問題解決?

アイデアを思いつた。このインナーバッグの底部分がリアキャップだとしたらどうだろうか。

別の言い方をすると、インナーバッグの底にリアキャップが固定されていて、カメラから外したレンズをそのリアキャップに嵌め込み、隣のレンズをリアキャップから外してカメラに装着する。

具体的には、こんなインナーバッグがあったらどう?

リアキャップ付きインナーバッグ

悪くないアイデアだと思うけど、相変わらず大き過ぎという問題は解決されていないのと、このフワフワの素材に(脱着の際、それなりに力のかかる)リアキャップを固定するのは無理っぽい。

ということで、条件に見合ったものを自作することに。土台(底板)はリアキャップが固定できるような硬い素材で、全体の大きさはできるだけ省スペースに。

大きさ的にはレンズが入るギリギリの大きさにしたいけど、レンズの周りに指が入っていくスペースが無いと、今度はレンズをリアキャップに嵌め込むのが難しくなる。

レンズの脱着が楽々できるとなると、やっぱり先のインナーバッグくらい(130mm×230mm)の大きさが必要になるような。

あれこれ考えました。例えば、インナーバッグが浅ければこの問題は解決します。極端な話、土台だけならレンズギリギリの面積まで縮小できるわけで。

そこに、上から深さのあるカバーを被せていく。悪くないアイデアだと思うけど、これは作るのがちょっと面倒臭いかも。スッキリした形に収めるのがね。

あるいは、レンズ周りにはスペースが無いんだけど、インナーバッグの素材に伸縮性があって、指を入れていくと伸びてリアキャップ近くを保持できる、とか。

これも悪くないんだけど、条件を満たしてくれる素材を見つけるのが難しい。ゴムひもみたいにビロ~ンって伸びてくれて、尚且つある程度の強度があってレンズを保護してくれる。

固い素材をゴムひもで連結していく

アイデアを思い付いた。「ある程度強度がある素材」をいくつかのパーツに分割し、これをゴムひもでインナーバッグの形に固定していくってのは、どう?

イメージにしてみた。下は、インナーバッグを上から覗き込んだ図。

2連レンズホルダー設計図

ベースはアクリル板で作り、そこにリアキャップを固定。縦の壁パーツは、固めのクッション素材で作り、それをゴムひもで連結していく形に。

上部は壁同士をゴムひもで連結し、下部は壁とベースのアクリル板とをゴムひもで結ぶ。

うまく行きそうな気もするし、簡単に形が崩れてしまってダメそうな気もする。これは実際に作ってみないと分かりませんね。

ってことで、次回は製作編へ。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1729-f0067b10

<< topページへこのページの先頭へ >>