カメラ用グリップ&リストストラップ完成 -- 嬉しいけど少し寂しい

LUMIX GM1SK 用木製カスタムグリップですが、桧とアガチスの2種類の木材で3号と4号を作り始め、やっと完成までたどり着きました。

桧もアガチスも、それぞれに味があってどちらを使うか迷いましたが、最後はカメラの胴体とより近い色に仕上がったアガチスの方を選択。

ステインの保護にはニスなんだろうけど、クリアラッカーではダメ?

最後の仕上げとして表面をニスで保護していきます。

が、ここまで綺麗に仕上がったのに、それを最後のニスを刷毛で塗ることで台無しにしてしまいそうで怖い。どう考えても刷毛の跡が残ってしまいそうな気がして。

それならスプレー塗料を使えば問題ない筈。でもスプレーニスって微妙に高い。それを価格の安いクリアラッカーで代用するのはどうなんだろ?

どうもニスとラッカーの違いが分からない。多分、成分が違うんだろうけど。ネットで色々と調べてみたけど、相変わらず分からない。

ただ、ざっくり言ってしまうと、「木材などの下地を生かしつつ、表面の保護・艶出しを目的に塗る透明の塗料を総じて『ニス』と言う」らしい。

ってことは、大雑把に言えばクリアラッカーもニスの1種ってこと。ま、ニスにも水性や油性、さらにはウレタンニスなんて様々な種別があるわけで、あまり細かく考えても仕方ないのかも。

ここは「エイッ、ヤッ」ってことで、クリアラッカー(艶消し)の安いのを買ってきて吹き付けました。

ラッカー仕上げ

ニスとラッカーの違いを調べる中で一つ分かったのは、ラッカーの方がニスよりも塗膜が薄いらしいってこと。グリップは常に指と接触する部分なので、出来るだけ厚く保護してあげたい。

ということで、丸1日かけて10回塗り重ねました。

求めたのは機能だけど、装飾としても満足いくものに仕上がった

そして出来上がったグリップを両面テープでカメラに装着。

グリップ4装着

どうでしょうか。結構いい感じでカメラの胴体の色とマッチしています。

上の写真のアガチス製グリップを装着する前に、試しに桧製のグリップを着けて、その感じを見てみたのがこちらですが、やっぱりこちらも捨て難い。木目が綺麗に出ているんです。

グリップ3装着

使えないのはもったいないけど、何かあった時の予備があると思えば心強いかな。

そうだ、ハンドストラップも完成していたんだ。

グリップとストラップ装着

カメラを購入したのがゴールデンウィーク前なので、この2つのアイテムを作るのに丸2ヶ月かかってしまった。

出来るだけ質の高いものを作りたいって思いもあったけど、作り始めてみると、その作ること自体が面白くて、ついつい色んなことを探求し、それで時間がかかってしまったという方が正しいかも。

今回の製作過程で、革の縫い目を美しく仕上げる方法も理解したけど、何よりも私の興味を駆り立ててくれたのは、ステインを使っての木の塗装(着色)だな。

木の塗装って、これまでは避けて通ってきたんだけど、今後は逆に積極的になれそうな予感が。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1742-0af1c14f

<< topページへこのページの先頭へ >>