ハクバのレンズペンでレンズ掃除をしたら、その結果にビックリ!

カメラのレンズが汚れる。

コンデジを使っているときは、電源をオフにすればレンズが引っ込んで、レンズカバーで覆われてしまうので、あまり気にしたことがなかったけど、ミラーレスではそうはいかず。

例えば、先日購入したクローズアップレンズ。この手のレンズって常に装着しているわけではなく、必要に応じて着けたり外したりするので、どうしても手でレンズ面を触ってしまいがち。

光を反射させて見てみると、こんなに汚い。

レンズ汚れ

これまではクリーニングクロスを使って掃除したりしてたんだけど、(クリーニングクロスの質が悪いのか)汚れが簡単に落ちずに、かえって広がってしまうような場面もあったりで、どうもね。

セーム革+カーボン粉末の先端チップが主役

そんなこんなで、今回コチラの商品を購入してみました。

レンズペン

ハクバの「レンズペン3」というもの。 “3” ってのは、これまでの進化を表してるのかな?

パッケージから出してみると、こんな感じ。

レンズペン一式

キャップを外した右側からはレンズ面の汚れを拭き取る “ペン先” が出てきます。左側にあるブラシは、胴体のノブをスライドさせると出てくる仕組み。

手前側にあるのは先端チップを含むスペアのヘッド部。先端チップはセーム革で出来ていて、先端チップの大きさや形状によって何種類かのレンズペンが存在しています。

私が購入したのはレンズ用で、レンズ面と接触する先端チップ(セーム革)がレンズの湾曲に沿うように3D曲面(凹面)となっています。レンズフィルター用のものは平面チップのようです。

また、この先端チップのセーム革にはカーボン粉末が付着していて、皮脂や指紋を吸着してキレイにしてくれると共に、静電気を除去しホコリの付着を防止してくれるとのこと。

キャップの内側にはカーボン粉末があって、先端チップにキャップでフタをすると、そこからカーボン粉末がチップに補充されるそうです。1000回程度繰り返し使えると書かれています。

懐疑的だっただけに、その結果には本当にビックリ

さっそくレンズを掃除してみましょう。先ずは山羊毛のブラシで表面のホコリ等を取り除き、

レンズブラシ掃除

続いて先端チップをレンズ中央に当て、円を描きながらレンズ外周に向って汚れを拭き取っていく。

レンズペン掃除

結果は?

レンズ掃除後

なんとなんと、本当にキレイに汚れが拭き取られています。やる前は「何度か繰り返せば、そりゃ汚れは取れるだろうけどね」って、結構懐疑的だったんです。

ところが、ですよ。特に力を入れて先端チップをレンズに押し当てたわけでもなく、軽くレンズ面に乗せながら円を描いていったら、1回の動作でこんなにキレイになったんです。

これはスゴイかも。これから愛用することになりそうです。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1744-42693fd4

<< topページへこのページの先頭へ >>