5mのLEDテープ、それもフルカラー、更にリモコン付き

少し前、eBayでLEDテープを買いました。5mのテープで、そこに5cm当たり3個の単位(カット可能)で300個のLEDが配置されているもの。色はブルーを選びました。

このLEDテープを使って無限ミラーを作ってみたいというのが購入の目的。ただ、「LEDテープを買ってみたい」という “物欲” の方が先にあったかな。

「無限ミラーを作りたい」というのは後から自分を納得させるためにつけた理由なので、3~4ヶ月経過した今も、無限ミラー製作は手付かずのまま。

そんな中、再びLEDテープを買ってみたくなりました。今度はRGBタイプ。それもリモートコントローラー付というもの。うーむ、前のもそのままだしなって思いながら、やっぱり買ってしまいました。

300個×3色=900個のLEDなわけで、それを駆動する電力も大変なもの

2週間位して届いたのがこちら。

RGBLEDテープ

eBay等の商品ページには大した説明がないことも多いので、基本的には写真を見て中身や機能を判断するわけだけど、このRGBのLEDテープ(リモコン付)は、どうも理解できなくて。

商品ページの写真も上のような感じなんだけど、この左下の短い白のコードの役割が分かりづらくて。簡単な説明を読むと、LEDテープへの電源供給とリモコンの信号受信らしい。

特に、受光センサー周りの詳しい説明も写真もなくて、これが本当に受光センサーなのかどうかがハッキリ分からなかった。なんか、コネクタみたいにも見えて。

結局、商品が実際に手元に届いて初めて、想像通り受光センサーだって分かった次第。

さて、このLEDテープを駆動するには当然電源が必要。そしてこれを用意するのがちょっと大変だった。必要なのはDC12V電源。最大負荷電流は2A×3色で6Aという、結構大掛かりなもの。

更に、プラグとジャックのマッチングも必要で、すべてを満たすようなACアダプタは持っていない。

ということで、LEDテープと接続するコントローラー(かな?)のジャックに合うプラグを持ったACアダプタからプラグを切り離し、DC-DCコンバータに繋げ、そこに大型ACアダプタで電力を供給。

そんな苦労を経て、やっとLEDを点灯することが出来ました。下は、DC-DCコンバーターの電圧を9Vに設定して、青のLEDを発光させているところ。9Vくらいでも十分に明るい。

LEDテープ発光

リモコン操作の “感触” は気持よくないけど、機能の多さは本当に素晴らしい

RGBのLEDテープも基本構成は、先に紹介した単色のLEDテープと同じ。5mのテープで、そこに5cm当たり3個単位(ここでカット可能)で300個のRGBLEDが配置されています。

LEDテープ組み合わせ

上の写真で、一つのチップの中に6個のシルバーの端子らしきものが見えると思いますが、この内の下の3個がRGBの各色になっています。

リモコンで赤、緑、青の単色で点灯させ、それを写真に撮ってみると、よく分かります。中心が「R」、左下が「G」、そして右下が「B」で発光しています。

LEDテープ各色点灯

付属のリモコンにはたくさんのボタンがあって、そのボタンの数だけ機能があります。スイッチON/OFから始まって、明るさの増減、そしてもちろん色のチェンジ。

先に紹介した赤、緑、青の単色は勿論、この3色のブレンドによって、リモコンには20種類の色が用意されています。リモコン右上の白を押すと、RGB3色がフル点灯し、電流が最大になります。

また、6個のDIYキーも用意されていて、デフォルトで用意された20色以外に、RGBの明るさを微調整することで自分の好きな色を作り出し、それをこのDIYキーに登録することも出来ます。

さらに他の機能として、フラッシュしたり、フェードしたり、色が流れたリも出来ます。その変化のスピードもリモコンで自由自在。

どこまで使いこなせるかは別として、「あんなことができたらな」って想像することの、多分大概のことが出来るんじゃないかな。

うーむ、面白い。でも、これを何に使ったら一番効果的かな?

色々と試してみて、「こんなのどうよ!」ってのが出来ましたら、また紹介したいと思います。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1745-574f7b60

<< topページへこのページの先頭へ >>