浅草のブラジル料理店でシュラスコを堪能!

久しぶりの浅草。今回の浅草訪問は、ブラジル料理店で肉をたらふく食べるのが目的。

お店に向かいがてら浅草寺にお参り。

160717浅草-01

休日ということもあり、たくさんの参拝客の方々がお参りしようと列をなしてました。

160717浅草-02

浅草六区界隈でも、酔客の方々がお店の外まではみ出して、日曜の午後を楽しんでます。

160717浅草-03

前回、浅草の捕鯨船というお店を軽く紹介した際、写真を撮ってくるのを忘れたなって後悔した「予約済」の看板(?)を、今回は忘れずに撮ってきました。

浅草六区には、萩本欽一、榎本健一、渥美清といった喜劇人の顔写真が入った看板が掛かっている電柱があって、その中の一つがこの「予約済」という看板なんです。

160717浅草-04
看板設置の発案者である捕鯨船のご主人が、自分の店の前の看板はビートたけしさんにお願いしたいと頼むと、たけしさんは「兄さん、おいらが死んだら飾ってよ」と照れながら言ったとか。

浅草バッティングスタジアム。外観からはレトロな雰囲気が漂ってきますが、プロの投手が画面に映し出されるバーチャルピッチャー対応のバッティングセンターなんです。

160717浅草-05

まだ時間が早かったので新仲見世通りをブラブラと歩いていたら、一風堂がありました。あの博多ラーメンの一風堂。全国に100店舗近く展開してるらしいですが、その浅草店なんでしょうね。

160717浅草-06
「IPPUDO HAKATA RAMEN」の横文字がオシャレ。

さて、予約時間になり、ブラジル料理店「Que bom!」に入店。

160717浅草-07

このお店の特徴は、12種類のシュラスコが食べ放題ってこと。シュラスコってのは、いろんな部位の焼きたてお肉を、自分の席の目の前で豪快に切り分けてくれるブラジル式BBQです。

160717浅草-08

もう食べられないってくらいお肉を食べ、お腹をこなそうと伝法院通り界隈を歩きまわりました。

160717浅草-10

シャッターが降りるのが早い仲見世通り。

160717浅草-09

そして、ライトアップされた浅草寺へ。こちらは宝蔵門。

160717浅草-11

宝蔵門の別名は仁王門。門の両側に阿形、吽形の仁王像が配置されています。いずれも昭和39年の宝蔵門再建時に作られたものですね。

160717浅草-12
本堂に向かって右側が吽形、左側は阿形。阿形、吽形の違いは、説明板の英語訳を読むとよく分かります。阿形= opened mouth style 、吽形= closed mouth style 。

そして浅草寺本堂。

160717浅草-13

昭和20年3月10日に戦災で焼失した旧本堂(1649年創建)を、昭和33年10月に再建したもので、鉄筋コンクリート、本瓦葺です。

160717浅草-14

最後はスカイツリーの夜景で締めましょうか。

160717浅草-15

歩きまわったら、またお肉が食べたくなってきた。



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1758-080601d8

<< topページへこのページの先頭へ >>