スマホ + アームバンドケース + 一体型ブルートゥースイヤホン

せっかく一体型のブルートゥースイヤホンを買ったのに、音飛びが激しくて全然使えない、どうしようかな? ってのが前回のお話。

音飛びを解決するには送信元(スマホ)と受信機(イヤホンのコントロール部)との距離を近づけるしかないんだけど、コントロール部は位置固定の様なものなので、出来るのはスマホを近づけること。

そのための手段となると、ほとんど一つしかないんじゃないかな。それはアームバンドケース。こんな感じのやつ。
Arm Band Case
これを二の腕に着ければ、スマホと受信部とはほとんど隣同士の位置関係に。

アームバンドケースは、過去にも幾つか買ってる筈

さっそく安いのを一つ買って見る気になったけど、考えてみたら昔使ってたのがあるかもしれない。

あっちの引き出し、こっちの引き出しと、アチコチ引っくり返して出てきたのがこちら。

アームバンドケース小

残念ながら小さすぎてスマホは入らない。取り敢えず昔使っていた iPod nano を入れてみたら、微妙にフィットしない。何か違うデバイスを入れて使ってたのかもしれないけど、もう記憶の彼方に。

まだ他にも iPhone を使ってた時代に買ったのがあったように思うなって、さらに探索の手を広げ、やっと見つけたのがコレ。でも、これまたちょっと小さい。

アームバンドケース中

これはこれでアームバンドケースではあるけど、表面が透明ではないので、これだと iPhone を(ケースに入れたまま)操作できない。

なので、これもiPhone 用に買ったやつではないと思う。でも、それじゃあ何を入れて使っていたのかというと、これまた思い出せない。

試しに、現在使っているスマホを入れてみると、辛うじて入るけどチャックが閉まらない。

でも、スマホを入れて腕に装着し、ブルートゥースイヤホンと接続してみたら、結構イイ感じっぽい。想像していた以上に音が途切れず、安定した接続状態を保っている。

それならと、キチンと使えるように改造することに。といっても、お裁縫仕事ですが。

小さなポケット用のフラップを、メインポケットのフラップとして使えるようにする

チャックの閉まるメインポケットの外側にも小さなポケットがあって、ここにはマジックテープで開閉できるフラップが付いているので、このフラップ(とマジックテープ)を活用することに。

外ポケットのフラップ

先ずは糸を解して、本体からフラップを切り離す。

外ポケットのフラップ切り離し

切り離したフラップを再び本体に縫い付けていきます。縫い付けていく場所は、メインポケットのチャックの代わりに、このフラップで中のスマホを固定できるような位置。

で、完成したのがこちら。

外ポケットのフラップ付け替え

フラップ側のマジックテープがポケット側のマジックテープに辛うじて届いたって感じだけど、走っていたらフラップが外れてスマホが抜け落ちた、なんてことにはならないでしょう。きっと。

さて、使うのが楽しみだな。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1767-b5e50a18

<< topページへこのページの先頭へ >>