ミラーレス一眼用の革製リストストラップ4代目完成 -- 凄くイイ!

ミラーレス一眼用に製作途上にある革製リストストラップの4代目ですが、表革と裏革との接着が固まりました。

表側から見ると、間に挟み込んだ舟型のプラスチック板の存在が何となく分かりますね。

ハンドストラップ5号裏表貼り合わせ

以前、革同士の接着にはセメダインスーパーXを使っていたのだけど、最近は木工用ボンドを使っています。木工用ボンドの方が扱いが楽で、固着するのも早いし、接着力に不安も無いしね。

型紙を使って外形を切り、周囲に菱目打ちで穴開け

さて、求めるベルト形状へと余分なところを切り離していきますが、今回は少しデザイン要素を入れてみようかと。

2代目が22mmの幅広で、3代目は15mmと細めに作ったので、今回はこの両方を組み合わせてみようと思います。輪の手首側を幅広にし、ストラップ側は細くしてみます。

ということで、曲線形状になるので、今回は型紙を作りました。

型紙には、外周形状と共に舟型プラスチックの貼り付け場所や、ベルト両サイドの縫っていくラインも書き込んであります。

型紙を両面テープで革に貼り付け、描いた外周形状に沿ってカッターでカットし、4mmピッチの菱目打ちで縫い目の穴開けまできました。

ハンドストラップ5号外形カット

両サイドをトコノールで磨き、両端に補強兼装飾用のヌバックを、これまた木工用ボンドで接着。ただ、革の表面に貼ることになるので、事前に紙ヤスリで革の表面を荒してあります。

ハンドストラップ5号外形カット裏表
ストラップのナイロンテープは、補強兼装飾用のヌバックを貼り付ける前に縫ってベルトに固定し、その上からヌバックを被せて表面から縫い跡を隠してあります。

なんか楽しい縫製作業

あとはシンプルに縫っていくだけ。

今回は、濃紺の糸を選択。何色にしようか悩んだのですが、ベルト内側のヌバックも濃紺だし、表側も引き締まった感じになりそうかなって。

最近、やっと革を縫うことに慣れてきたような気がする。というか、楽しくなってきた。それもこれも、この自作レーシングポニーのお陰。コイツがなかったら、そうはいかなかったと思うな。

両サイドを縫い上げ、最後に両端を重ねて縫い合わせ、手首を入れていくループを作ります。

縫い作業完了

製作前の構想通り、輪の形状を維持しています。革の間に入れたプラスチック板のお陰ですね。

そして4代目リストストラップ完成。カメラに装着してみた。

リストストラップカメラ装着

濃い目の革の色がカメラ本体の色とマッチして、これまでで一番いい感じ。輪の形状も維持してくれているので、手の出し入れも楽々出来、まさに意図通り。

少し輪が丸過ぎる気もするけど、使い込んでいく内にもう少し楕円形になっていくんじゃないかなって思うので、現時点ではこれでいいのだと思います。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1783-cc11a99c

<< topページへこのページの先頭へ >>