C-PLフィルターではなく、安価なPLフィルターを買ってみた

PLフィルターを買いました。マルミの46mmサイズ。

PLフィルター46mm

いわゆるデジタル一眼レフ用のC-PLフィルター(サーキュラーPLフィルター)ではなく、シンプルに(円偏光ではない)PLフィルターです。

C-PLフィルターに対するPLフィルターの優位性は “安い” ってこと

なぜデジタル一眼カメラ用にはC-PLフィルターが推奨されるのかというと、オートフォーカス機構の種類によってはサーキュラー型でないとフォーカス誤差が発生する場合があるってことらしい。

ただ、デジカメのオートフォーカス方式には、主に「コントラスト」と「位相差」の2つの種類があって、デジタル一眼は位相差AFで、コンデジはコントラストAFという使い分けだったらしい(昔の話?)。

で、この位相差AFとPLフィルターの組み合わせだとAFが上手く合わないことがある、といった記述を見かけました。では、もう一方のコントラストAFならPLフィルターでもOKなのかな?

因みに、私の所持しているLUMIX GM1 のAF方式はコントラストAFです。

ってことで、色々と考えた末に選んだのがPLフィルターだったのです。「色々と考えた」って中には価格のこともあります。PLフィルターはC-PLフィルターよりも安いんです。

そう言えば、購入したPLフィルターのパッケージにも、「マニュアル・フォーカスカメラ用」との記述があります。ま、最悪マニュアルフォーカスで使えばいいってことですね。

さてPLフィルターの効能ですが、様々な方々が色々と解説されているので、私ごときが改めて書くまでもないんですけど、そこはそれ、やっぱり自分でも確かめながら書いてみたいかなって。

取り敢えず、PLフィルターの効能が一番分かりやすいこんな写真から紹介。

PLフィルター有無比較

この記事にPLフィルターのパッケージ写真を載せようと撮影していたら、プラスチックケースに反射して綺麗に撮れない。で、PLフィルターを着けて再び撮影したのが右側の写真。

青空はより青く、白い雲はより白く

自宅のベランダから撮影した青空でも効果の程を確認。

先ずはPLフィルター無し。
PLフィルター有無比較1無

そして、PLフィルター装着。
PLフィルター有無比較1有

もう少し色々と撮ってみようと公園へとカメラを持ってお散歩。

PLフィルター無し。
PLフィルター有無比較2無

PLフィルター有り。青空も青さを増しているけど、木の葉の反射が削減されて落ち着いた感じに。
PLフィルター有無比較2有

PLフィルター無し。
PLフィルター有無比較3無

もう、本当に真っ青な青空に真っ白な雲。ちょっと青過ぎるくらい?
PLフィルター有無比較3有

どこかで「C-PLフィルターよりPLフィルターの方が、フィルターとしての効果が高い」といったことを目にした記憶がある。それが正しいのかどうか知らないけど、実際の効果は確かに大きいかな。

プロテクトフィルターに重ねて使うとケラレてしまうことも

ただ、今回購入したマルミのPLフィルターは結構な厚みがある。総厚みで約10㎜。ネジ部を除くと(装着した際に “増える” 厚みは)約8㎜。

フィルター高さ比較

右側の同じくマルミのクローズアップレンズは、総厚み7㎜。このレンズも初めて手にした時の感想は「厚い!」だったけど、それよりも更に3㎜も厚いわけで、かなりの存在感。

ま、薄いPLフィルターが存在してないわけではなく、要はお値段の話のようですが。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1808-15aa7f53

<< topページへこのページの先頭へ >>