キーボードカスタマイズ -- 左右の[Windows]キーを入れ替え

キーボードのカスタマイズですが、まだ色々と模索中。

前回、コントロールパネルから Microsoft IME の設定を変えることによって[スペース]キー左側にある[左-Win(◇)]キー(中身は「無変換」)に「IME-オン」という機能をアサインしました。

本当は[右-Win(◇)]キー(中身は「変換」)にアサインしたかったのだけど、なぜか設定がうまく機能せず、仕方なく左側にしたもの。

KeySwap で、左右の[Windows]キーを入れ替える

でも、やっぱり右側の方が使い易そうなので、左右のキーを入れ替えます。使うのは、少しずつ使い方に慣れてきた「KeySwap for XP」というソフト

KeySwap を「管理者として実行」し、以下のような設定にします(「-」は、キーボードの故障箇所にアサインされていたものを「L」の右隣にアサインし直したもの)。

keyswap922

左右の[Windows]キーを入れ替え、[右-Win(◇)]キーで「IME-オン」、そして[Shift]+[右-Win(◇)]で「IME-オフ」という設定で暫く使っていました。

が、「IME-オフ」も独立したキーに割り振りたいと考え、[左-Win(◇)](現時点の中身は「変換」)に「IME-オフ」という設定を、前回と同じ手順でやってみたら、なぜかこちらは上手くいった。

ユーザー定義変更

ところで、前回の記述の中で、「文字を入力して、確定前に設定変更した[無変換]キーを押すと『無変換』の働き(ひらがな→カタカナ→カタカナ)をし、確定している状態だと[かな]キーの働き(IME-オン)をするのが、なんとなくブラックボックスっぽい」って書いたけど、理由が分かった。

上の「設定」の中で、「入力/変換済み文字なし」、 「入力文字のみ」、「変換済み」という項目を、どう設定するかによって変わるものだったようです。
  • 入力/変換済み文字なし: 文字が入力されていないときの働き
  • 入力文字のみ: 読みが入力されていて、変換されていないときの働き
  • 変換済み: 読みがかな漢字に変換されているときの働き
なので、「入力文字のみ」や「変換済み」でも、「IME-オン」とか「IME-オフ」といった設定をすれば、その時の入力状況に合わせて[Win(◇)]キーの機能を変えることができるってこと。

さて、現時点のキーバインドは、以下のようになっています。

現時点のキーバインド

DvorakJ で、「SandS」を実現しようと試みたけど

この設定でここ暫く使っているのですが、かなり快適です。故障して入力できないキーが5個もあるのに、それによる不自由を殆ど感じることはありません。

ただ、[Shift]キーが微妙に使い難い。まだ、このキーボード自体に慣れていないってのもある筈なので、使い込む内に馴染んでくるのかなとは思うけど。

でも、今回の一連の流れの中で一番感じたのは、使い難いキー配置に体を慣らすよりも、自分の使い易いようにカスタマイズする方が自然だってこと。

ということで、「SandS」という手段を試してみようと思います。「SandS」とは、Space and Shift の略で、[スペース]キーに[Shift]キーの機能も持たせたもの。

親指で[スペース]キーを押しながら、アルファベットキーを押すと大文字が入力できるってこと。

これを実現する手段はいくつかあるようですが、これまで試してきたキーボード配列を変更するフリーウェアの一つ DvorakJ にその機能がありました。

DvorakJ をインストールし、起動すると、最初に現れる設定画面に「SandS」の設定があります。

Dvorakj SandS

DvorakJ の多彩な機能は全然使いこなせなかった(っていうか、使い始めることも出来なかった)けど、これはチェックを入れ、DvorakJ を再起動するだけなので、これなら私にも出来ます。

・・・・の筈なのに、なぜか機能してくれません。

うーむ、DvorakJ は最後まで使い方が分からないまま終わりそうです。

でも、「SandS」を使いたい。どうしようかな?

でも、Google日本語入力の設定変更をする方が先かな?


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1823-0cf280e5

<< topページへこのページの先頭へ >>