USB3.0のRAID対応HDDケース RS-EC32-U3R を購入

ストレージに使ってるHDDがずいぶんと古くなってきて、CrystalDiskInfo では「注意」まで出てしまったので、新しいHDDの購入を検討中。

本当は外付けHDDを買うつもりで機種を選んでいたんだけど、以前使っていたHDDケースの性能(USB2.0なんで)とかを調べていたら、USB3.0のHDDケースを買って試してみたくなった。

ってことで、中に入れるHDDは後で考えるとして、取り敢えずケースだけ買ってみました。

RSE C32 U3R箱

ラトックシステムのRS-EC32-U3Rという製品。USB3.0で、HDD2台を組み込んでRAIDにも対応可能なケース。ま、RAIDまで必要かどうかは微妙だけど、HDD2台収納ってのは心強いので。

以前使っていたHDDケースの進化版も売られていて、機能も大して変わらない上に、そっちの方がかなり安かったんだけど、なんとなく同じのを買うのも面白味が無いなって。

更に小さくなってるのは、技術の進化なのかな?

箱から出して、新旧のHDDケースを比較してみました。右が新HDDケース。

HDDケース新旧

Amazonの商品写真を見て、新しい方が大きいようなイメージを持っていたのに、実際に比較してみると古い方が全然大きかった。

幅と高さは大差ないけど、奥行きに関しては新しい方が2cmくらい小さい。

HDDケース上から比較

底面には、前蓋を外すためのロックと、中に入れたHDDを固定するためのネジ穴が4か所。

底

ロックを外して前蓋を外すと、HDDを入れるスロットが2つ。実際にはスロットと言えるようなものではなく、単にHDDを差し込んでいくための空間があるだけ(レールやガイド状のものは無い)。

蓋外して

ケースの正面には、HDDの状況を示すLEDが4つ。表蓋の下部は、空気の取り入れ口になっていて、蓋の裏側にはHDDを後方へと押し付けるための板バネが両側にあります。

ケースの奥には基盤があり、SATAコネクタが左右に上下反転した位置にあるのが見えます。なので、2個のHDDを差し込む際には、HDDの向きを反転させてセットすることになります。

ケース内部

アルミ製のケース胴体の内部にはリブが入っています。これによって強度を持たせると同時に、HDDから発せられる熱をより受け取る(そして外に放出する)ように作られています。

後部には熱排出用のファンと、その他諸々の

本体裏側には、電源スイッチにファン、電源ジャックとUSB3.0のタイプBメス端子が。

USB3.0の周辺機器のUSB端子には、USB2.0とは互換性が無いってことを初めて知った。タイプA(PC側)だけが同じ形状で、タイプBもmicroBも違う形状なんですね。

裏側

裏側には2つのDIPスイッチがあり、これでHDDに異常があった際に鳴るブザーと、PC電源連動設定のオン/オフが切り替えられるようになっています。

また、RAIDのモードを選択するスイッチと、その動作モードを示すLEDが配置されています。この動作モードは、付属のソフトでも切替可能なようです。

さて、実際にこいつを使うには、旧HDDケースからHDDを取り出し、それをこっちに移設する必要があるので、動作状況に関してはまた別の機会に報告させて頂きましょう。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1827-72fb1e23

<< topページへこのページの先頭へ >>