旧HDDケースからUSB3.0の新HDDケースへとHDDを移設

新たに購入したHDDケース(ラトックシステム RS-EC32-U3R)に組み込むべく、旧HDDケースからHDD取り出します。

が、何年も前に組み込んで以来なので、どうやってHDDを取り出すのか忘れてる。多分、後ろのネジを外せばいいんじゃないかなと、4個のネジを外してみました。

旧HDDケース分解

すると、ケースの中身がごっそりとすべて出てきました。2個のHDDも、基板も、何もかも。新HDDケースと構造が違ったので、ちょっと戸惑い気味。

旧HDDケースから取り出す

HDDは、基板と一体となった内部フレームに、上下2本ずつ4本のネジでがっちりと固定されています。思っていたよりシッカリした作りだったんだなってちょっと感心した。

旧HDDケース内部セット
こうやって見てみると、基板の占有スペース(厚み)の違いが、新旧HDDケースの奥行きの違い(2㎝)なんだなってことが良く分かる。

外したHDDを新HDDケースへとセット。旧HDDケースと比べて、何となくカッチリ感がないので、微妙に不安。セットする際に、変な力を加えたら基板側のSATAコネクタが壊れてしまいそう。

新HDDケースに入れる

差し込んだHDDは、表蓋の裏側にある板バネで奥の基板側へと押し付けられ、それを底からネジで固定してセット完了。この底から固定するネジも、古い同製品では無かったらしい。

さて、HDDの組み込みが完了し、PCに接続すると、あっさりと認識してくれ、そのまま使えるようになりました。まだ、付属のソフトはインストールしてませんが、取り敢えず速度を測定してみることに。

いやいや、待望のUSB3.0ですからね。どれくらいのスピードが出るのか楽しみ。

が、CrystalDiskMark で測定したアクセス速度は、USB2.0の時とほとんど変わらない!

usb2と3比較.jpg

いや、確かに早くはなってるけど、ほとんど測定誤差?って感じ。

USB3.0はUSB2.0に比べ理論上は約10倍のスピードがあるって言われてるのに、なぜ?

ここまで読んでくれた人には分かると思うけど、HDDケースに組み込んだHDDは2個でした。が、1個は「フォーマットが必要」と表示され、アクセスできない状態。

もう1個の方が、上でスピード測定したもの。ただ、こちらもCrystalDiskInfo で検査してみると、「注意」警報が出てました。健康状態が悪いからとか、古いから速度が出ないのかな?

あるいは添付されてるソフトをインストールすれば変わるのか?

これは、今度は新しいHDDを買って組み込んでみないと分かりませんね。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1831-7ade384f

<< topページへこのページの先頭へ >>