ひっぱり君で、クルマのボディの凹みを引っ張り出す

クルマのキズ補修の続き。前回、コンパウンドで磨いてとれるキズに取り組んでみたら、思ってた以上にイイ感じでキズ跡を消せたので、気を良くして次のキズに取り掛かります。

今回のターゲットは、前回の現況確認で 3. に当たるパテ作業が必要なキズ。キズついたまま放っておいたので、下の板金の錆びが浮き出てきていますね。

凹みキズ

普通の手順でいけば、キズ部分をサンドペーパーで磨いて、パテを盛ってという感じですが、その前に以前購入した「ひっぱり君」でボディの凹み具合を少し軽減してみようかと。

ひっぱり君で、ボディの凹みを引き上げる

ボディの凹みに3本のタブをホットメルトで接着。

タブ貼り付けて

この3本のタブを同時に引っ張るための自作フレームを、ひっぱり君の本体フレームと組み合わせてセットしたところ。ここからナットを締め込んでタブを引き上げていきます。

セット完了

3本のナットを、同時に少しずつ締め込んできましたが、上の写真と見比べてみると、かなり引っ張り上げられているのが分かります。ボルトの頭がナットから1㎝以上出ています。

1㎝くらい引っ張った

おお!イイ感じで引っ張ってるって思ったけれど、ここで気になることが。凹み部分が持ち上がっているのは間違いないけど、両側で踏ん張っている足が当たってる箇所が凹んでいるような気が。

これはマズイと一旦ネジを緩めていったら、途中で真ん中のタブが外れてしまった。

で、両足の部分に当て木をして、残った両側のタブを1本ずつ締め込むことに。

当て木して

その結果がこちら。写真では分かり難いのですが、間違いなく引っ張り上げられてます。

引き出したか

この「ひっぱり君」だけで元に近い状態に戻せるとは全く思ってないけど、凹み具合が少しでも改善されれば、パテ付け作業が楽になるかなって思って。

ま、バイクのタンクでは思うように活躍出来なかった「ひっぱり君」を、板金の厚さが薄いだろうと思われるクルマのボディで試してみたかったというのが、この作業の一番の目的かな。

その後も、引き上げる箇所を両側へと広げ、作業を何度か繰り返しての到達点がこちら。

凹みキズ引っ張り後

繰り返しになるけど、写真では分かり難いのですが、一番最初の写真と比べてみると、間違いなく持ち上がってきています。

もちろん、この後にパテ付け作業は必要なんだけど、気持ち的に少し楽になったような気がする。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1847-50323a17

<< topページへこのページの先頭へ >>