iPhone用自転車ホルダー BCY-HLD1BKを買ってみて

iPhone アプリの MotionX GPS、コンパスナビがイケてるって記事を書きましたが、このアプリを本格的に使ってみようかということで、iPhone用自転車ホルダーを色々と物色していたのですが、最終的にはサンワサプライの BCY-HLD1BK を購入しました。

iPhoneをホルダーに入れたときの操作性は本当によく考えられています

iPhoneホルダーパッケージアマゾンで探してみると、今回購入したサンワサプライ製と外見的にはほぼ同じような製品が、他のメーカー数社から出されていますが、OEMなんでしょうかねえ。

防滴・防塵ケースで、ケースに入れたまま透明カバーの上から操作可能です。

この透明カバー越しの操作が、思っていた以上に快適です。スクリーンを直接操作する感覚とほとんど差がなく、その存在を忘れてしまうくらいです。

以前、似たようなシチュエーションで反応の鈍さにイライラしたことがあるだけに、感激もんです。

またスクリーン下のホームボタンが操作できるのは当然として、オン/オフ スイッチや音量調整ボタンにもシリコーン製の押しボタンを介して操作が可能です。

個人的には、地図などを確認した後、バッテリー保持のためにすぐにスクリーンを消したいので、オン/オフ スイッチが操作できるのはポイントが高いです。

前後のカメラ部分も透明になっており、装着したままで写真撮影が可能ですし、環境光センサー部分も同様に透明になっているので、自動輝度調整がキチンと機能してくれます。

シリコーンの蓋を外してヘッドホン端子にもアクセス可能です。またDockコネクタを接続するためのスペースがケース内にあるので、外部バッテリーに接続しながら使用することも可能です。

こう書いていくと、結構至れり尽くせりという感じがしませんか。実際に何度か使いましたが、iPhoneを使う上での不満は何も感じませんでした。

ただ、マイク部分もスピーカ部分も覆われているので、唯一このまま携帯電話として使うことだけは出来ません。

万一の時のiPhoneの保護も十分に安心できそうです

裏と中
左は、外側のケースからシリコーン製のインナーを取り出したところです。シリコーンもそこそこ厚みがあり、しっかりと成形されているので、万が一の時のクッション性も十分なように思います。

シリコーンの成形部品の、オン/オフ スイッチと音量調整ボタンが当たる部分が突起状になっているのが分かると思います。ここを押すことで、iPhone本体のスイッチ類を押す形になります。

また、シリコーンの下部に空間があると思いますが、ここがDockコネクタが収まる場所です。ただし、かなりキッチリと作ってあるので、純正の(あるいはそれに準じる)Dockコネクタ以外(例えば100円ショップでの同等品など)は着けられません。

表面のカバーは、左端の写真の上部に少し見えているヒンジ部分で繋がっていて、iPhone本体を入れて、表面カバーを被せ、下方にある左右の“つめ”にて固定する形になります。

自転車に取り付けた後の取り外し方は・・・・・??

上の写真の右端はホルダー本体の裏側です。自転車に取り付けるブラケットと勘合するための切り欠きが入っています。

ホルダーその切り欠きに嵌めこむのが、右の写真、左下のブラケットの3つの突起部分です。

ブラケットと本体とを合体させると上の写真のようになります。

若干厚みのあるブラケット部分には回転機構が入っていて、かなり細かいステップ(15度づつ?)でクリック感がありますが、本製品の唯一の不満点は、このクリック感が弱く、簡単に回転してしまうことでしょうか。

右下の写真に「PUSH」という文字が見えると思います。当初、このボタンを押して、ハンドル側に付けられているブラケットからホルダー本体を外すのだと思っていました。

ところが、どう考えてみても、この“PUSHボタン”を押すことで、上で説明した勘合部分が外れるような機構になっているとは思えませんでした。

ワンタッチでの取り外しは“仮の姿”かな

取り外し自転車に取り付けて出かけ、コンビニに入るので外そうと思って“PUSHボタン”を押していじっていたら、なんとブラケット部分が二つに分かれて、ホルダー本体にブラケットの一部が付いたまま外れてきたんです。

うーん、なるほど。どうやらホルダー本体とブラケットとの勘合部分は、基本的には一度つけたら頻繁に外すことは想定されていないようです(かなりガッチリと力を入れて嵌め込みますし、何度もくりかえしていると接合部分がすり減って緩くなってしまう可能性もあるかも)。

なるほど謳い文句通り、取り付け、取り外しはワンタッチでできますが、取り外した状態での格好は決してよくはありません。

ブラケット側もなんか内部のバネとかが見えていて変だし、ホルダー本体も裏が大きく出っ張っているので、カバンなどに入れるのにも微妙に邪魔です。

ま、ホルダーごとの取り外しは、あくまで“仮の姿”なのかもしれません。



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/185-5d536283

<< topページへこのページの先頭へ >>