「点検整備記録簿」に沿って車検前の点検 -- マークX ジオ(後編)

マークX ジオでの初めての車検に向け、「2年点検整備記録簿」に沿ってクルマの整備をしていきます。前回はエンジンルーム内での点検をしたので、今回は残りの部分を点検。

タイヤを外して足廻りの点検から

今回は、一番面倒くさい足廻りの点検から。

ジャッキアップして、ナットを緩めて、タイヤを外していきますが、下がコンクリートなどで固く、平らな場所で、尚且つクルマの周りに人がしゃがんで作業できるだけの作業スペースを確保。

車体フレームの “ジャッキ当て” にしっかりとジャッキを当てて、クルマをジャッキアップ。取り敢えずタイヤが軽く地面に接触している程度まで持ち上げます。

続いて、タイヤを固定している5個のナットを緩めます。レンチを手で回そうとしてもビクともしない場合は、レンチの上に乗り、体重をかけて外します。

ナットが軽く緩んだら、ナットはそのままにしてタイヤが地面から離れるまで(タイヤを手で触って動くくらい)、更にジャッキで車体を持ち上げます。

タイヤがフリーの状態になったら、改めて5個すべてのナットを外し、続いてタイヤを外します。外したタイヤは、念のため(ジャッキが外れたりとか)に車体の下に置いておきましょう。

タイヤを外した後のタイヤハウス内(前輪)。

タイヤハウス内

前後左右のタイヤハウス内を、タイヤを外したこの状態で、ドライブシャフトやステアリングロッドのダストブーツの亀裂や損傷を中心に確認していきます。油漏れや滲みが無いことも確認。

ブレーキホースやパイプの損傷や漏れ、各所の取り付け状況を手で揺らしたりして確認し、周辺にいくつかあるボールジョイントブのダストブーツの亀裂や損傷も確認します。

「ショックアブソーバ」、「スプリング」、そして「サスペンションアーム」から構成されてるサスペンション廻りを点検。油漏れや滲みが無いか、サスペンションの取り付けにガタは無いか等々。

ブレーキディスクの状態とパッドの厚み等を確認

続いて、点検項目の中で最も重要なブレーキディスクとパッドの点検をします。

ディスクブレーキの仕組みは、タイヤと直結しているブレーキディスクを、油圧で動くブレーキパッドで両側から挟んで制動するという、とてもシンプルな構造。

なので、ディスクの摩耗や損傷は無いか(表側しか見えませんが)、ブレーキパッドの厚みは十分か、周辺に液漏れや滲み等が無いかを確認していきます。

外側のブレーキパッドは目視できるので、この厚みを定規で測ります。

ディスクブレーキ

パッドの最初の厚みは約10mmらしいです。それが、ディスクとの接触で徐々に摩耗していき、2mm~2.5mm程度まで薄くなると、そろそろ交換時期となります。

タイヤ自体を点検し、元に戻す

外したタイヤの溝の深さを測定し、損傷、異常摩耗なども点検しておきましょう。

全ての点検項目が終了したら、タイヤを嵌め込み、ナットで固定していきますが、レンチである程度締めこんだら、タイヤを揺すってホイールベアリングのガタが無いかを確認しておきます。

ある程度まで締め込んだらジャッキを降ろし、最後はタイヤが接地した状態でナットを最後まで締めこみます。この際、対角線に星型を描くような順番でナットを締めていきます。

点検記録簿の「緑」の項目 -- 日常の中での不具合等を確認

普段、クルマを運転している中で、エンジンのかかり具合はどうか、ブレーキはキチンと効いているか、ハンドル操作に問題は無いか、走行中に気になる異音はしてないか、車庫内のクルマの定位置の床には油シミが無いか等々、思い出したり確認したりしながら点検簿をチェックしていきます。

「公害発散防止装置等」の各項目に関しても「緑:日常走行で・・・・・」に分類しているので、文字通り日常走行で異音や黒い煙でも出ない限りOK(の筈)。これも自己責任ということで。

最後に「無印」項目のマフラ、ランプ類、外観、タイヤの空気圧等の確認をします。

マフラを手で揺らしたり、目視で取り付けの緩み、腐食や損傷等は無いかを確認。ついでにエンジンをかけ、排気ガスの色も確認(薄紫色ならOK)。

続いて、ランプ類の点灯を確認。
  • ヘッドライト(ポジション灯、薄暮灯、ロービーム、ハイビーム)
  • ブレーキランプ(ライトのOn/Offでの確認と、ブレーキ操作での確認も)
  • ウィンカーランプ(前後6か所のウィンカーランプとハザードスイッチの確認も)
  • バックランプ
  • ナンバー照明用ランプ
  • ウィンドウウォッシャ液の噴射状態、ワイパーの拭き取り状態の確認。
ここで問題発生。左側の薄暮灯が切れている。最初、どれが薄暮灯なのかポジション灯なのか分からなかったけど、調べてみたら以下のようになっていました。

薄暮灯とポジション灯.JPG

こいつは交換しておかないと車検が通らないだろうな。

最後に、フレーム、ボデーの外廻りを点検し、緩みや損傷等の確認し(ま、大きな事故でも起こしていない限り、問題ないと思うけど)、タイヤ、スペアタイヤの空気圧の確認してすべての点検終了。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1851-a11022dd

<< topページへこのページの先頭へ >>