洗濯機が故障したので、水位センサーを探してみた

洗濯機が壊れました。製造年月を確認してみたら、2008年とあるので、約8年前に購入したものです。洗濯機って、結構激しい動きをするので、よく8年間も頑張ってくれたと感謝です。

壊れたのは、どうやら水量センサーのようです。洗濯をスタートさせ、洗濯槽に水が注がれ始めますが、いつまでたっても注水が終わらず、したがって洗濯が始まらなくなってしまいました。

どんなセンサーなんだろ。安易に考えれば、重量計のようなものなのかなと。それほどシビアに量る必要もないと思うので、大雑把に水の重量を量っているのかと。

取り敢えず、洗濯機を引きずり出してきて引っくり返し、底から覗いてみることに。

洗濯機を底から覗く

洗濯機の構造って、初めて見たけど、こういう作りになっていたんですね。洗濯槽の外槽の下部にモーターが取り付けられ、ベルトを介して内槽へと回転が伝わる仕組みです。

その外槽は、四隅で外装(洗濯機ボディ)の上の方から吊り下げられています。保持している4点には、ショックアブソーバがあるので、そこで洗濯時の振動を吸収してるんですね。

旧洗濯槽底から

最初、この4ヵ所のショックアブソーバ近辺に重量センサーがあるのかと思っていたんだけど、それらしいものが無い。配線もないので、ということはセンサーがあるとしたら上側なのかな?

洗濯槽保持

今度は上から分解してみます。上部パネルは、四隅のネジで固定されているだけのようです。

洗濯機故障

上部パネルを外してみた

洗濯槽を吊り下げているのは、この四隅のフレーム。ここから直径5mm程度の丸棒が洗濯槽の下部へと延びています。

上カバー開けて

洗濯槽を保持している丸棒を上から覗き込んだところ。

洗濯槽保持機構

さて、肝心の水量センサーですが、この四隅のフレーム周りにもそれらしきものはありません。パネル側を見ても、センサーらしきものも、また何らかの配線も見当たらない。

洗濯機上カバー

一つだけ怪しそうなのが、上部パネルから下へと延びているバー。指で押してみると、微かにスイッチらしいクリック感を感じる。ただ、これで水量を量るのは無理がありそう。

振動スイッチ?

上部パネルを元の位置に戻していってみると、このバーはこんな位置に収まっていきます。洗濯槽からも3~4cm離れていて、どこにも接触していない?

振動センサー?2
これは多分、洗濯槽の “暴れ” 検知センサーなんじゃないかな。中の洗濯物がバランス悪い状態で脱水しようとすると、洗濯槽が暴れることがあるので、それを検知するんじゃないかと。

先ずはネットで情報収集してからやるべきだった?

さて、実は一旦ここで、水量センサー探しを諦めたんです。上部パネルを元に戻し、ネジで固定。

で、どこかに情報が無いかなってネットで探してみたら、なんと見つけました。今は、こういう情報も色んな方々がアップしてくれてるんですね。

それによると、この水位センサーは細いチューブで洗濯槽とつながっていて、洗濯槽に水が入るとそのチューブにも水が入り、その圧力で水位の量がセンサーから制御基板へと伝わる仕組み。

なるほど、仕組み的に見ても “水量” センサーではなく、 “水位” センサーなんですね。

で、「細いチューブ」ってのを手掛かりに、もう一度探してみようと、再び上部パネルを外しました。そして、見つけました。洗濯槽の下の方から上部パネルへと続く “細いチューブ” を。

水量センサー

このチューブの先に水位センサーがあるんですね。ただ、上部パネルのバラしかたも分からないし、バラせたとしてもこの圧力センサー(?)を修理するのは難しそうなので、ここで修理は断念。

修理に出すという手もありますが、もう8年も稼働してくれているので、そろそろ寿命に近いのかなって。なので、こちらの洗濯機には安らかにお休みいただき、新しいのを買うことにしました。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1873-7b7d7b91

<< topページへこのページの先頭へ >>