カメラバッグのベルトに、100均で買ったカメラケースを装着する

Lowepro の PHOTO RUNNER というカメラバッグを買ったのは3ヵ月くらい前のこと。でも、ほとんど使っていないというのが現状。

フォトランナー1

多分、買ったままの状態では使い勝手が悪いだろうなって思っていて、少し手を加える必要があるだろうなって思い悩んでいる内に、3ヵ月も経ってしまったわけです。

で、実際に使ってみないと、どこが使い難くて、どんな手を加えればいいかが分からないので、取り敢えずこのカメラバッグを身に着けて出かけてみることに。

が、実際には出かける前から使い難い点が見つかりました。携帯電話の収納場所が無い。

いや、もちろんカメラバッグ本体の中に入れることは出来るんだけど、その状態でカメラバッグを腰の後ろに装着すると、ブルートゥースイヤホンとの接続が途切れてしまうんです。

スマホとブルートゥースイヤホンとの間に体が入る位置関係がダメなんです。

通常使っているウエストバッグには、両サイドにネットのポケットがあって、そこにスマホを入れることで辛うじて接続を保つことが出来ています(時々途切れますが)。

PHOTO RUNNER にはその手のポケットが無いので完全にアウト。でも、体の前にくるベルト部分に別の小さなバッグを装着し、そこにスマホを入れれば問題解決です。

適当なバッグがないかと探したら、100均で買ったまま使っていないカメラケースが出てきました。

コンパクトカメラケース

これ、100均商品なのにセミハードケースなんです。そして裏側にベルト通しがあるので、ここにカメラバッグのベルトを通せばいいだけ。

最初の問題は簡単に解決出来そうだなって思っていたら、ベルト通しの中にカメラバッグのベルトを通すことが出来ない。

ベルトの幅に対して、ベルト通しの幅が微妙に足りないんだけど、それ以上にベルト側に付いているバックルがベルトから外れないので、このままではどうしようもありません。

それならと、カメラケースのベルト通しの縫い糸を一旦解いてみることに。

ベルト通しの片側をフリーにし、そこにカメラバッグのベルトを通してから、ベルト通しをカメラケースに再び縫い付けていきます。

その際、2段に縫ってある縫い目の内側は縫わずに、外側だけ縫い直しました。これによって、ベルト幅とベルト通しの幅がちょうどいい感じになります。

バッグ追加2

カメラバッグのベルトにカメラケース装着完了。

バッグ追加1

スマホを入れると、こんな感じ。これだと、スマホがお腹側に来るので、ブルートゥースイヤホンとの接続もバッチリです。

バッグ追加3

結構、イイかも。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1890-2bfa5170

<< topページへこのページの先頭へ >>