Kindle Paperwhite -- 第5世代と第7世代を使い分ける?

Kindle Paperwhite を買いました。現時点で最新版の第7世代です。

kindle外パッケージ

今使っているKindle Paperwhite(第5世代)に特に問題が無いのに、買い替えたのにはいくつかの理由というか要因があります。

数日前、何年か振りにAmazonプライムに加入し直したら、CYBER MONDERなるセールが始まり、プライム会員ならKindle Paperwhite が半額近くで買えたってのが一番の理由かな。

「amazon.com」と「amazon.co.jp」を2つのKindle で使い分ける?

もう一つ、Amazonプライムに加入したら、プライム会員特典の1つに、対象のKindle本から好きなタイトルを毎月1冊無料で楽しめる「Kindleオーナーライブラリー」というものがあったこと。

その対象タイトルも、ベストセラーやコミックを含む、2万冊以上の和書、60万冊以上の洋書とのことなので、Amazonさん、かなり太っ腹じゃないですか。

そして、それが現Kindle Paperwhiteで読めるなら、もしかしたら新しいKindle Paperwhite を買おうとは思わなかったかもしれませんが、残念ながら読めないんです。

以前にも触れたことがありますが、私の現Kindleは「amazon.co.jp」ではなく、「amazon.com」に紐付けされているので、「amazon.co.jp」で買った本をこの端末にダウンロード出来ません。

いや、紐付け(Registration)を「.com」から「.co.jp」に変更すれば問題なくダウンロード出来るんだろうけど、それをやってしまうと今度は「.com」から本を買えない。

現状、購入する本の99.9%は英語本なので、それは不便。もちろん、「.co.jp」から英語のKindle 本を買うことは出来るけど、「.com」に慣れ親しんでしまっているので、何となく変更に気が重くて。

その意味では、 “買い替え” って書いたけど、 “買い増し” になるのかも。今まで通り英語本は「現」Kindle で読んで、たまに買う日本語本は「新」Kindle で、みたいに併用することになりそう。

kindle新旧比較

でも、これからも日本語の本を買う機会は、それほど無いような気がするけどね。

無料本が予想以上に充実していて、ちょっとビックリ

いや、これを機会に日本語本の世界に帰ってくるってのもありかな。そう言えば、以前から青空文庫で日本の古典を読み直してみたいなって思ってたんだ。

Kindle青空文庫

さらにKindleストア内を彷徨していたら、青空文庫以外にも結構無料本が充実していて驚いた。

あっちへ行ったり、こっちへ来たりしていたら、出会ってしまいました。新海 誠監督の「小説 君の名は。」。夏に奥さんと観に行った映画が面白かったので、つい買ってしまいました。

Kindle 君の名は

これから秋も深まっていき、読書にはピッタリの季節。色々と読んでみようかな。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1903-b2722c25

<< topページへこのページの先頭へ >>