バイクのタイヤ交換に人生初トライ -- 後輪の古いタイヤを外す

バイクのタイヤ交換初トライですが、前回は後輪を車体から外すところまででした。今回は、ホイールから古いタイヤを外します。

事前に色々と調べたところ、バイクやクルマのタイヤ交換作業には、 “ビード落とし” という大きな壁があるらしく、外す時も、嵌めるときも、このビードがポイントのようです。

いずれにせよ、タイヤやホイールに大きな力を加える作業のようなので、ホイールの付属物は事前に外しておいた方が無難なようです。

ホイールから外せるものは外してから

先ずはギアを外しますが、これはホイールに嵌め込んであるだけなので、単に引き抜けばOK。

後輪ギア

ギアの反対側の面にはブレーキディスクがあります。これも外そうとしましたが、六角穴付きボルトがかなりガッチリと締め込んであるようなので、ディスクは外さずに作業をすることにしました。

ただ、アスクルシャフトを受けるフランジブッシュがあるので、これは無くさないように外しておきます(組み上げる時に忘れないようにしないとね)。

フランジブッシュ

続いてタイヤの空気を抜きます。使ったのは虫回しドライバー。左側にあるのは、このドライバーで外した “虫” 。

虫回しドライバー
“虫” が組み込まれたままの状態でも、中央のピンを押すことで結構勢いよく空気が抜けていきますが、虫回しドライバーで “虫” を外してしまえば一瞬なので、あった方が楽かな。
(作業の際、空気が出て来る勢いで、 “虫” を吹き飛ばされないように注意して)

ビードを落とす作業は、てこの原理で

さて、いよいよホイールからタイヤを外しますが、先ずはビードとは何なのか、から。

下の図は、ホイールに組み込まれているタイヤの簡略図。ホイールの絵は適当というか、ビード横の盛り上がりを強調し過ぎていますが、あくまでイメージということで。

タイヤ&ホイール断面図
タイヤを外すには、先ずはホイールの一段高いところ(外周)から、ビードを下の段(内周)へと落とす必要があります。

当初、ビードを “落とす” という言葉に違和感を感じていましたが、構造を知ったら納得しました。

このビードを落とすには、ビードブレーカーなる専用工具があるようですが、それを使わずに行っている方もたくさんいるようなので、私も使わずにいきます(買っても邪魔そうだし)。

基本は2本のタイヤレバーを駆使してやるようですが、ビードブレーカーに似せた工具を作ったり、パンタジャッキを使ってみたりと色々な方法が紹介されています。

私は、ビードブレーカーの仕組み(力の作用の仕方)を応用してみました。

使うのは、大小2本のSPF材と、道路に設置してあるガード(?)。下の写真の通り、てこの原理を応用します。短い方のSPFの長さと位置を適当に調整しながら、長い方のSPFの端を押し込むだけ。

ビード落とし1

すると、あっさりとビードが落ちました。これには、「素晴らしいアイデアだった!」って、自画自賛。

ビード落とし2
上の写真で、ホイールの内側の山なりの突起がありますが、これがビードが超えるべき障害です。

後は、上の作業を全周に渡って行い、続いて反対側からもやれば、タイヤはホイルの内側の溝に “落ちた” 状態になります。

ホイールからタイヤを外す

続いて、ホイールからタイヤを外していきますが、これはもうシンプルに力仕事。2本の(3本あった方が作業が楽かも)タイヤレバーをタイヤとホイールの間に捻じ込み、こじるようにしていきます。

(ここから下3枚の写真は、前輪の作業の時に撮影したものを使っています)
タイヤレバーで

上の写真では、タイヤレバーに付属していたポリウレタン樹脂製のリムプロテクターと、自転車用のタイヤレバーを補助にして作業をしています。

リムプロテクターを使うとタイヤレバーを差し込むのに苦労するって書き込みをいくつか見ましたが、タイヤレバーを差し込む場所の対面のタイヤを押し込んであげれば楽にできます。

タイヤレバーを入れる対面のタイヤの端面を、ホイールの端から中央寄りのより深いところに落としてあげると、タイヤレバー側のタイヤとホイールの間に余裕が生まれます。

で、2本のタイヤレバーを差し込めたら、後は力任せにこじって、タイヤの端をホイールの外側へと持ち上げてくるだけ。

この作業を、タイヤ全周に渡って少しずつ(焦らずに)繰り返します。やり方がまずいと、せっかく作業を終えた箇所が元に戻ってしまうこともあるので、自転車のタイヤレバーを補助に使いました。

片側が外れました。

タイヤ片側外れ

今度は、タイヤの “向こう側” も、ホイールの “こちら側” へと外していきます。作業のやり方は同じ。2本(+α)のタイヤレバーで力任せにこじっていくだけ。

タイヤ両側外し

そして、ホイールからタイヤが外れました。

タイヤとホイール外し

記事が少し長くなってしまったので、今回は取り敢えずここまで。次回で後輪の作業は終了予定。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1912-de339b8a

<< topページへこのページの先頭へ >>