本格的な掃除機に比べるとオモチャみたいに軽くて小さい

もうずいぶん前から我が家の掃除機の調子が悪くて。「強」にすると、(多分、加熱のせい?)すぐに停止してしまうんです。でも「中」でやると働いてくれるので、買い替えるのも気が引けて。

でも、「中」も購入当初の力強さは失ってしまったようで、掃除していてもストレスが溜まるんです。掃除を終わっても、結構髪の毛が残っていたりして。

そろそろ買い替え時とは思いながら、なんとなく決心できず。ダイソンのコードレスクリーナーとか良さそうだなって思いながら、値段を見て買うのを思いとどまり。

で、きちんとした掃除機を買うまでの繋ぎとして、試しに小さい掃除機を買ってみることに。スティックタイプなら軽くて取り回しが楽そうだけど、どれくらの吸引力があるのか興味もあって。

買ったのは、ツインバードのスティック型クリーナー。Amazonのセールで3000円以下で購入。これでも、いま流行りの(?)高速遠心分離のサイクロンタイプです。

スティック型掃除機箱

でも、箱には「ワンルームにちょうどいい。」って書いてあるので、戸建てだと辛いかな?

中身はこれだけ。本体に吸込口を取り付ければ、そのままハンディタイプのクリーナーとして使え、そこに延長スティックをつけるとスティックタイプに早変わり。

スティック型掃除機中身

この延長スティックにも手もとスイッチがあって、本体との接続部に何らかの電極みたいなのがあるのかなって思っていたら、ものすごく原始的な仕組みでした。

手もとのスイッチを押し下げると、それに連動してスティックの先端から細い棒が伸び出てきます。これが、本体側のスイッチを内部で押すのでしょうね。

延長手もとスイッチ仕組み

本体に吸込口とスティックを組み付けると、こんな感じに。吸込口の幅がやけに狭く感じる。

スティック型掃除機組立1

ダストケースの中には2種類のフィルターが組み込まれています。普段は、掃除が終わったらダストケースに溜まったゴミを捨てればOK。フィルターが汚れたら、丸洗いすればいいようです。

スティック型掃除機フィルター

紙パック不要で吸込力が持続ってのは、サイクロン掃除機の大きな利点ですね。

これまで使っていた掃除機もサイクロンタイプのモノでしたが、改めて見てみると結構巨大です。重量約7kg。これを持って階段を掃除するのはそれなりに大変でした。

旧掃除機大きさ比較

こんどのスティックタイプは重量約1.7kg。少なくとも小回りが利くのは間違いありません。

収納も自立してくれるので、場所も取らないし、軽くて小さいというのは本当に大きなアドバンテージになります。

スティック型掃除機自立

実際に使ってみましたが、吸引力もとても満足のいくものでした。もっと凄いのと比較すれば弱いのかもしれませんが、現状使っている掃除機の「中」より断然強いです。

その分、音がうるさいのと、本体横からの排気の勢いが結構あるので、それによってホコリが舞い上がるのが気になりますが、まあ仕方のないところでしょう。

透明のダストケースにホコリの塊がクルクル回りながら溜まっていくのを見るのは、結構楽しいかも。おー、一生懸命吸い込んでるなってのが実感出来るし。

巻き取り式のコードの使い勝手は悪くありません。コードの長さも、リビングの1ヵ所のコンセントに差したまま、部屋の隅々から洗面所やトイレまで掃除できたので、必要十分だと思う。

後は耐久性ですが、最近思うのは、耐久性に期待して高いのを買うより、安いのを(壊れたら)買い替えていった方が賢明なんじゃないかってこと(フライパンとかでも、そう思った)。

ってことで、取り敢えずは大満足のお買い物でした。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1936-e8b2667a

<< topページへこのページの先頭へ >>