体重を毎日記録していくことがモチベーションの維持に役立つ?

レコーディングダイエットというものがあります。岡田斗司夫さんの著書「いつまでもデブと思うなよ」の中で、自身がやった減量方法を紹介したものです。

当時(10年くらい前)、結構売れてベストセラーになったという記憶があります。特にダイエットする必要のなかった私も興味本位で読みました。

レコーディングとは記録ですが、何を記録していくのかというと、「食べたもの」を記録していくんです。自分が食べたものを逐一記録していくんです。

何をどれくらい食べたか分かるので、そこから摂取したカロリーを計算できます。そうすると、カロリーの取り過ぎだとか、これは我慢すべきだった、みたいなことが可視化されてくるわけです。

食事

なるほど、とは思いましたね。ただ、これは面倒くさいだろって思った記憶があるし、今考えてもこれは面倒くさそう。いちいちカロリーを計算して、枠内に収めるようにしていくわけですから。

最近は、スマホのアプリとかで簡単にカロリーを計算してくれるものもあるようですが、それにしても面倒くさいし、それによって食事制限していくのも、そう簡単な話ではないような気がするし。

ただし、「数字として記録していく」ってことには大きな意義があると思います。

これは、何事によらず目標設定をして、その達成に向けて行動していく際の鉄則みたいなものです。進捗度合いを測定出来るってことが。

自分が、いま目標の達成に向けて近づいているのか、あるいは足踏み状態なのか、もしかしたら後退してる?ってのを知ることは、目標を達成する上での最重要課題です。

ダイエットで言えば、食べるものを(そして、そのカロリーを)記録していくのは効果があるのかもしれませんが、行動としては大変。でも、毎日の体重を記録していくだけなら簡単。

体重が昨日より500g減った! これは、今日10kmランニングしたからだなとか、あるいはカツ丼を食べたせいで200gも増えてしまったとか

自分の行動が、何らかの明確な結果として目に見えるということは、目標に向かう上での最大のモチベーションになります。

逆に、これが無いと、その目標を達成するのは非常に難しくなるかもしれません。

そして、私は今、ポッコリお腹をなんとか解消すべくスクワットとか腹筋運動などの筋トレに取り組んでいく決意をしたところです。

そして、私は “形から入る” タイプの人間なので、さっそく(最近はほとんど使っていなかった)体重計(カラダスキャン)をリビングの隅の方にセットしました。

カラダスキャン

これで、体重を毎日計測していこうと思います。また、この体重計は体脂肪率とか基礎代謝などの詳しいデータも調べることが出来るので、それも一緒に記録していきましょう。

体重って、意外と日々変動してるのね

そして数日前、体重を測ってみました。体重計の乗るのは何年ぶりかな?久しく乗っていなかった。

その時の体重は、[67.7kg]。うーむ、思ってた以上に体重オーバーです。私のベスト体重は63kgくらいかな。5kg前後減量する必要がありそうです。

ところで翌日、お義母さんのところに年賀の挨拶に出かけたのですが、その時は昼食に生ビールを飲みながらつまみを食べ、最後にカツ丼で締めてと、ちょっと食べ過ぎたかもしれません。

で、帰って来て、お風呂に入ってから体重計の乗ったら、なんと[68.2kg]と前日より500gも増えていました。食べたものって、こんなに顕著に体重に影響するものなの?

さらに翌日(今日です)、往復で11kmほど軽く走ってきてから体重計に乗ってみたら、今度は[66.7kg]!。昨日よりも1.5kgも体重が減っている。

こんなに体重がコロコロと変動するものだとは思わなかった。でも、これくらい変化してくれると、毎日の体重測定も楽しみがあっていいかもしれない。

因みに、体脂肪率、基礎代謝、あるいは皮下脂肪率とか内臓脂肪レベルといった数値も大きく変動しているのですが、これは多分体重が計算式の中に組み込まれているからでしょうね。

計算のベースとなる体重が変動したから、それにつられて他のデータも変動したのでしょう。その意味では、体重以外のデータは長期的な変化を観察していく必要があるのかもしれません。

でも、上で「毎日の体重を記録していくだけなら簡単」って書きましたが、やってみるとちょっと面倒くさいかも。体重だけなら大したことないけど、他のデータも取ろうとするとそれなりの手間に。

最近は、スマホのアプリと連動して記録してくれるような体重計もあるので、それを買おうかな。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1937-5d63a63b

<< topページへこのページの先頭へ >>