自転車のタイヤがパンク -- 日本縦断くらいの距離は走った!?

息子が通学に使っている自転車のタイヤがパンクした。走っている途中でパンクしたんだけど、どうやら結構大きな音がしたらしく、何人かの方が「大丈夫ですか?」って声を掛けてきたって。

話を聞いて、多分タイヤの側面が消耗で擦り減って来て、それが何かの拍子に裂けて、中のチューブが外に飛び出しながら破裂したんだろうなって想像しました。

先ずは、タイヤの側面を調べてみたら、想定通り何カ所か内側の繊維がほつれかけています。

自転車タイヤ消耗側面

でも、両側面を全周見ても、どこにもパンクらしい箇所はありません。あれー?って思いながら、さらにパンク箇所を探したら、なんか凄いパンクの仕方をしていました。

路面と接触する部分が擦り減って、そこからパンクしたようです。

自転車パンク

路面と接触する部分は、当然タイヤゴムの厚みも一番厚い場所だと思うけど、それでもこれってのは、余程消耗して擦り減って来ていたんですね。

日本縦断くらいの距離は走ったようです

他にも数カ所、見るからに擦り減ってますって箇所がありました。完全に寿命というか、ずいぶん前に寿命時期を通り越していたようです。

自転車タイヤ消耗

ところで、どれくらの期間使っていたんだろって調べてみると、2014年8月に「ヨドバシカメラから、とても大きな段ボール箱で荷物が届いた」という記事を書いています。

その時に購入したタイヤが、こいつです。ということは、約2年5カ月になります。学校に行くのに駅まで毎日通った自転車なので、それで距離を計算してみましょう。

自宅から駅まで往復で約6km。年50週として、週5日通ったとすると、

50週×5日×2.4年×6km=3600km

雨の日とかもあったので、もう少し少ないでしょうね。約3000kmくらい? 少なくとも2500kmくらいはこのタイヤで走っているでしょう。

なるほど、日本縦断くらいの距離は走ってるってことですね。それは、やっぱり消耗するでしょう。

今回は、パナレーサー パセラ ブラックス [W/O 700x28C]

新しいタイヤとチューブを前後セットで購入しました。これまでは、パナレーサーのツーキニスト [W/O 700x28C]を買っていましたが、今回は変えてみました。

同じくパナレーサーのタイヤですが、銘柄はパセラ ブラックス [W/O 700x28C]です。変えた理由は、こっちの方が安かったからという単純な理由。

700cタイヤ

因みにタイヤ重量は300g。ツーキニストは380gなので、パセラの方が軽いんですね。

正しい用法かどうかは分からないけど、自転車でもビードワックスの効果は絶大

ところで、今回、タイヤをホイールに嵌め込む際に使ったものがあります。バイクのタイヤをホイールに嵌め込むために買ったビードワックスです。

ビードワックス

バイクのタイヤで、このビードワックスの効果を体験し、これ無しにはバイクのタイヤをホイールに嵌め込むのはもっともっと大変だったろうなって痛感していたので、自転車でも使ってみることに。

使ってみたら、これが抜群の効果。自転車のタイヤ装着にこれを使っていいのかどうかは知らないけど、少なくてもかなりの労力削減になりました。

新品のタイヤをホイールに嵌めるのは、チューブに穴を開けないようにと神経を注ぎながら、それでいてかなりの力仕事なので、毎回苦労していたんです。

それが、今回はあっさりできました。それも、いつも通りホイールにタイヤを嵌めていって、最後30㎝くらい残してタイヤレバーを使おうというところで、そこだけビードワックスを塗布しただけです。

正しい用法かどうかは別として、大助かりでした。

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2025-01e54373

<< topページへこのページの先頭へ >>