ファイル転送・共有アプリ「Xender」を試してみる

ブログをPCで書いていて、スマホ関連の記事を書こうとすると、スマホ画面のスクリーンショットをPCに送りたいという場面が結構あります(まさに、この記事もそうなんですけどね)。

そんなとき、以前紹介した 「Any Send」 というアプリが大活躍。

Any Send ではファイルを1個ずつしか転送できない

以前も書きましたが、本当に簡単便利なアプリで、PC-スマホ間のファイル転送に限って家ば、「AirDroid」よりもお手軽で、とても重宝しています。

機能が少ない分、操作もシンプルで分かり易いしね。

でも、ただ一つだけ使い難いなって思うのは、ファイルを1個ずつしか転送できないこと。

スマホからPCへとスクリーンショットを転送しようとすると、フォルダの中から目的のファイルを探し、そこで「共有マーク」をタップすると、転送に使えるアプリがズラッと出て来るので、そこから 「Any Send」を選んでタップする、といった手順になります。

送りたいファイルが複数の場合は、この動作をファイルの数だけ繰り返すことになります。

ま、大概は多くても数枚程度だったので、「まあ、いいか」ってやっていましたが、新しいスマホでは転送するファイルの数が一挙に増えそうな予感も。

今までのスマホは、写真撮影の機能がダメダメだった(自分の腕の無さを棚に上げて)ので、ほぼ使ったことが無かったんだけど、こんどのやつは結構いい写真が撮れそうなんでね。

ということで、複数のファイルを選択しておいて、それを一挙に転送できるようなアプリを探してみようと思います。

Xender

実際、探してみると、うーん、いっぱいあり過ぎて何を使ったらいいのか分からない。取り敢えず、「Xender」というファイル転送・共有アプリを使ってみることに。

インストールして起動すると、画面の下に「SEND」と「RECEIVE」という2つのマークが出てきます。これは、スマホからファイルをPCに送る(SEND)のか、あるいはPCから受け取る(RECEIVE)かってことのようです。

xender起動

取り敢えずPCに送りたいので、「SEND」をクリックすると、真ん中に大きな円が表示され、タイマー風に何かの応答を待ってる感じになります。

これは多分、他のスマホとの接続を待ってるのかな。取り敢えずこっちは無視して、「PCと接続します」をタップすると、右側のような画面になりました。

xenderでPC接続

「1. このWebアドレスをPC上で開きます」に従って、「http://web.xender.com」にPC側のブラウザでアクセスすると、QRコードが表示されます。

xender web

この状態で、スマホ側に戻って「スキャン」をクリックすると、カメラでQRコードの読み込みモードになるので、PC画面をスキャンします。

すると、一瞬でスマホとPCとが接続され、PC側の画面は下のようになります。

PCと接続済み

スマホ側の画面ももちろん変わり、スマホ側を操作して、例えば写真ファイルを表示すると、それが上の画像に代ってPC画面上にも表示されます。

ま、そういうことをするためのアプリなんだって言われればその通りなんだけど、でもやっぱり技術の進歩ってのは凄いなってのが素直な感想ですね。

複数のファイルを一括ダウンロード

さて、上の画面に戻って、「写真」ファイル(「86」ってところ)をクリックすると、スマホ内の写真ファイルの一覧が表示されます。

ここで、目的のファイルにチェックを入れ、上段の一括ダウンロードボタンをクリックすれば、瞬時にPC側に(ZIPファイルで)転送されてきます。

画像ダウンロード

PC側は、「http://web.xender.com」をブックマークしておけば、次回からは大した手間を取られずに、簡単にPCとスマホとを接続することが出来ます。

うーむ、もの凄く簡単で便利だな。まだ、「Xender」の入り口からちょっと覗いてみただけなので浅薄な印象かもしれないけど、もっと便利な機能がたくさん盛り込まれているんでしょう。

ちょっと、使込んでみようと思います。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2034-e7fdae2a

<< topページへこのページの先頭へ >>