初めてのスケッチアップ - (2)角材を作る

フリーの3次元モデリングソフトであるスケッチアップの使い方を、ネットの情報を参考にしながら手探りで学んでいこうという「初心者のための初心者講座(?)」第2回。

第1回目は、環境設定とショートカットキーを学びました。今回は、実際に図面を描き始めてみようと思います。

題材はウッドデッキ。試しに小さめなものを作ってみます(床サイズ1800×1000mm)。

今回は、床板を構成する角材作りから。サイズは、105mm×30mm×1800㎜。

長方形を描く

「長方形」ツール(R)で、3軸の原点(赤、青、緑軸の交点)から長方形を描きます(原点に合わせなくても描けるけど、3軸に合わせて置くと、後々作業が楽になります)。

原点付近でマウスをクリックし(ドラッグではなく、一旦、指を放す)、カーソルを移動すると軸に沿って長方形が描かれます。

※スケッチアップの場合、「ドラッグではなく、クリックしてマウスを動かすという操作」が多用されます。

スケッチアップ1

この状態で、「1800,105」(板材のサイズ)をキーボードから入力すると、ウィンドウ右下の「寸法」欄に数値が入り、リターンを押すと 1800×105mmの長方形が描かれます。

スケッチアップ2

プッシュ/プルツールで立体にする

続いて「プッシュ/プル」ツール(P)を選択し、カーソルを長方形の上に持ってくると、その長方形に細かいドット模様が入るので、マウスをクリック(して、指を放す)すると選択状態となります。

スケッチアップ3

そのままカーソルを上方向に持ち上げると、長方形に厚みが出来て立方体となるので、ここで板厚となる「30」を入力しリターンを押せば、105mm×30mm×1800㎜の板材完成。

スケッチアップ4

独立した線と面の “集合体” から、一塊の立体にグループ化する

ここで一旦、この立体を「グループ化」するという手順を踏んでおきましょう。

グループ化していない立体は、それぞれ独立した線と面の集合体なので、作業手順を間違えたりすると、線や面が(意図せず)移動してしまうことがあります。

グループ化することによって、「独立した線と面の集合体」から1つの “塊” とするのです。

「選択」ツール(Space)を選択し、ドラッグして(ここはドラッグ)立方体を囲むように枠を作ると、立方体の線が青に変わり、ドット模様も現れ、選択されたことが分かります。

立方体2

続いて、選択された立体の上で右クリックし、「グループを作成」を選択すればOK。

立方体3

板の模様(テクスチャ)を貼り付けて板らしくする

さて、ウッドデッキの床を作るのにこの板材を必要な枚数分コピーしていくのですが、折角なので木材のテクスチャを貼りつけてみましょう。

バケツアイコンの「ペイント」ツールを選択すると、ウィンドウの右側にトレイが出現するので、そこの「マテリアル」の中からプルダウンで「木材」を選択します。

更にその中から好みのものを選んで、立体の上でクリックすれば木材の出来上がり。

テクスチャ

次回、この板材でウッドデッキの床を作っていきます。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2057-08f05031

<< topページへこのページの先頭へ >>