初めてのスケッチアップ - (3)板材で床を作る

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第3回。

第2回の前回は、ウッドデッキの床板を作るための板材(105mm×30mm×1800㎜)を作りました。

今回は、この板材をコピーして床を構成していきます。

「移動」ツール(M)を選択し、カーソルを立体の上の持っていくと、その場所によって「エッジ上グループ内」とか「面上グループ内」とか出て来るので、ここは取り敢えず「エッジ上グループ内」のところでマウスクリック。

コピー1

その状態でカーソルを動かす(ドラッグではない)と立体も一緒に動いてきますが、ここで気を付けるのは「緑の軸上」で移動させること(軸に沿って動かすこと)。

コピー2

そのまま適当なところで[Ctrl]キーをクリックすると、コピー状態となって、移動する前の位置にも元の立体が現れます。

コピー4

板と板の間に5mmの隙間を設けたいので、移動距離を110mm(板幅105mm+隙間5mm)として、キーボードから入力してリターンを押すと、コピー位置が確定されます。

1800×1000mmの床を作りたいので、この板材を9枚並べることにします(105×9+5×8=985mm)。

やり方は、先の「110」の入力とリターンに続いて、「*8」と入力してリターン。

コピー5

なんか小さいのでウッドデッキというよりも簀の子みたいになってしまいましたが、取り敢えず床板が完成しました。

次回、床板の裏側に脚を立てていきます。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2058-778b3525

<< topページへこのページの先頭へ >>