初めてのスケッチアップ - (5)脚をコピーする

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第5回。

第4回の前回は、ウッドデッキの床の裏側に補助線を引き、それを基準に1本の脚を立てました(70mm×70mm×300㎜)が、今回はこの脚を複製していきます。

複製作業をする前に、床板用の角材を作った時と同じように、脚をグループ化し、ついでに表面にテクスチャも貼っておきましょう。

脚にテクスチャを貼る

選択ツールで枠を描いて脚を囲みます。

脚の複製1

マウスの右クリックで「グループを作成」。

脚の複製2

脚がグループ化され、青枠で囲まれているのは選択されている状態を示しています。

脚の複製3

このままペイントツールを選択し、ウィンドウ右に現れるトレイのプルダウンメニューから「木材」を選び、その中から床板と区別するために薄めのテクスチャを選んでペイント。

脚の複製4

コピーしてもう1本脚を立てる

続いて、この脚を右隅にコピーしていきます。移動ツールを選択し、カーソルを脚の上に持っていくと、選択されるオブジェクトが青枠で囲まれます。

この時、移動ツールのカーソル位置によって、脚の各部に紫色の丸いマークが表示されますが、これが脚の手前右下に来るような位置でマウスをクリック(「端点グループ内」と表示されています)。

脚の複製5

カーソルを動かすと脚も一緒に移動してくるので、脚の手前右下の紫色の丸いマークを、右隅の補助線の交点に合わせ、[Ctrl]キーをクリックすると、脚が複製されます。

脚の複製6

ここでマウスをクリックすれば、コピーした脚の位置が確定します。

(少し脇道に逸れますが)実際にやってみれば分かりますが、移動ツールを立体の上で動かしていると、様々なオブジェクトが「選択されるよ」という青枠で囲まれます。

色々とやっている内に、間違って意図していないオブジェクトを選択してしまい、つい移動させてしまうといったミスを(私は結構頻繁に)犯します。

そんな時は、移動してしまったオブジェクトの場所を確定してから(マウスでクリックしてから)、お決まりの[Ctrl+Z]のショートカットで元に戻せます。

2本の脚の間に、さらに脚を立てる

さて、この2本の脚の間にも脚を立てましょう。脚と脚の間を450mmくらいにしたいので、さらに3本の脚を立てることにします。

やり方は簡単です。上の状態に続いて、キーボードから「/4」と入力してリターンすれば、ピッタリ4分割する場所に3本の脚がコピーされます。

脚の複製7

次回は、更に奥行き方向へと脚の数を増やしていきます。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2060-afacfdc7

<< topページへこのページの先頭へ >>