初めてのスケッチアップ - (9)復習も兼ねて新たな角材作り

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第9回。

前回の第8回で、床板の形状と脚の位置も確定したので、今回はウッドデッキの床下の構造体となる根太と大引を描き加えていきます。

これまで学んできたことの繰り返しなので、ここまで来ると結構複雑そうな根太と大引も、意外とあっさり描けるようになってる筈。

根太と大引は、70mm×20mmの角材を使って作ります

先ずは根太から。左端の3本の脚に沿うように、長方形ツールで四角形を描きます。

根太と大引には、70mm×20mmの角材を使いますが、長さは3本の脚の寸法に合わせると「945」なので、「945,70」とキーボードから入力してリターン。

根太1

続いてプッシュ/プルツールを選択し、カーソルでクリックしてマウスを動かして立体にし、キーボードから板厚の「20」を入力してリターン。

根太2

グループ化し、塗装し、そして複製

グループ化するために、オービットツールで(選択しやすいように)視点を変え、選択ツールで枠で囲んで選択して、右クリック→グループを作成。

根太4

因みに、選択ツールでグループ化前の立体の一部をクリックすると、そのパーツ(線とか面とか)が選択されますが、連続して3回クリックすると立体物全体が選択されます。

上のように、オービットツールで視点を変えてから選択ツールでやるよりも、こっちのトリプルクリックの方が手軽で楽な場合の方が多いかもしれませんね。

さて、グループ化された木材にペイントツールで色を塗っておきましょう。

根太5

そして、同じものをコピーで配置。

根太6

残りの2本は短くなるので、ここでは別の木材を別に作りました。

根太7

補助線を使うと位置出しが簡単になります

続いて、根太の上に重ねるように大引を置いていきます。

作り方は根太と同じですが、最初の長方形ツールで四角形を描く際に、開始位置を上手く見つけられなかったので、補助線を使ってます。

大引1

プッシュ/プルツールを選択し、カーソルでクリックしてマウスを動かして立体にし、キーボードから板厚の「20」を入力してリターン。

大引2

こちらもグループ化し、色を塗ります。

大引3

そして1本はコピーして作り、短いのは改めて作成しました。

根太と大引

根太と大引の配置、完成です。

次回ですが、取り敢えず長さ30cmで作成した脚を、ウッドデッキの設置場所の地形に合わせて「長さを変える」、という作業をしてみようと思います。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2070-d778a6eb

<< topページへこのページの先頭へ >>