オリンパス E-PL3用の白いカスタムグリップを製作

新たに買った交換レンズで花などのマクロ撮影をしようとしたら、可動液晶が便利なことに気が付き、久しぶりに復活を果たしたオリンパス E-PL3 。

ボディーのホワイトに合わせて白い革でリストストラップも作り、さっそく被写体を探して街を1日中歩き回ってみたら、持って歩く際の保持に難を感じました。

グリップ無し
やっぱり、ツルッとした胴体で、指を掛けるところが無いのは辛い。

以前は革製カバーを付け、そこに自作のグリップを貼り付けて使っていたんだけど、どうもこのグリップの外観に嫌気がさしてきていたんです。

革グリップ

どちらかというと持ち易さ優先でグリップの大きさを決めたので、厚みを持たせ過ぎてしまい、なんとなくボテッとした感じになってしまったんですね。

革グリップ上から

もう一つ、自作グリップとは別に、この革製カバーが使い難いんです。

普段は問題ないけど、SDカードを取り出したりバッテリーを交換しようとすると、いちいち底のネジを回してカバーを外す必要があるのが面倒くさくて。

革カバー底

といった理由でカバーを使うのを止めてしまったので、カバーに付けていたグリップの代わりに、本体に改めてグリップを装着してみようかなと。

一から作ろうかと思ったのだけど、LUMIX GM1SK 用グリップの製作途上、途中で使うのを止めた素材があったので、これの形状を少し変えて使うことに。

以前作った

表面を整え、白のラッカースプレーで塗装し、最後にクリアー塗装して完成。

白グリップ完成

両面テープでカメラに貼り付け。

P1730298

E-PL3 よりも一回り小さなLUMIX GM1SK 用に作ったものを流用したので、ちょっと小さくてバランス的にはいま一つかな。

縦方向に1cmくらい長くしてもいいかも。時間があったら、作り直す・・・・?


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2090-af584cf9

<< topページへこのページの先頭へ >>