オリンパス 12-50mm/F3.5-6.3で撮るマクロな世界(3)

前回に続き、オリンパスのマクロモード付ズームレンズで撮った花の写真シリーズ第3回。

道端や花壇に咲いている花を見て綺麗だなって思うことはあったけど、それをマクロで撮ってみたら、 “綺麗” なんて生易しいものではなく、畏敬の念を覚えたくらい。

花マクロ3-03

陳腐な表現だけど、まさに “自然の驚異” でしょうね。

花マクロ3-04

「それは、神様が創られたから」って言われても、「そうなんだ!」って納得してしまう。

花マクロ3-05

印象に残っている映画の一つ『ミクロの決死圏』の中で、人間の体の中を宇宙に見立て、宇宙船で航行していくような描写があったけど、花の一つ一つにも “宇宙” があるのかも。

花マクロ3-01

外からざっくり見ると、花びらの色が綺麗とか、形が美しいとか思うわけだけど、その花びらの形状一つ取ってみても、信じられないくらい素晴らしい造形がなされていて。

花マクロ3-07

その緻密さや、規則正しさ、色、形、並び方・・・・どこを切り取っても驚きがある。

花マクロ3-02

この花は、何枚くらいの花びらで構成されているんでしょうか?

花マクロ3-06
前回紹介した中で、2枚目の写真の花なんか、ざっくり数えてみたら400~500枚くらいの花びらがありそうでした。凄くないですか!?

この花も本当に美しい。白を基調に、花びらの先端と根元部分に違う色を軽く配し、それが中心部分のおしべ、めしべ(どれがどれか分からんけど)の暗い色と絶妙にマッチして。

花マクロ3-08

個人的には初めて見る花。この赤い円筒状のものが花びらなのかな? 中に見える黄色っぽい粒々がおしべ(めしべ)?

花マクロ3-09

ところで、マクロレンズで写真を撮ってみて分かったのは、ブレ易いってこと。

このレンズをマクロモードにすると絞りがF6.0になり、シャッタースピードは1/80程度まで下がることもあります。日が陰ってくると1/30とか。速くても1/160程度かな。

花マクロ3-10

花は風にも揺れるので、手ブレだけでなく被写体ブレってのもあるのでしょうが、なんだかんだ半分以上がブレた写真になってしまいます。

花マクロ3-11

そんなこともあり、このオリンパスのズームレンズを持ち出すときは、本体内に手ブレ補正機能のあるE-PL3とセットで出かけます。

花マクロ3-12

ということで、パナソニックの DMC-GM1SK を買ったことでほとんど使われなくなっていたE-PL3が再活躍するようになりました。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2095-c75d377b

<< topページへこのページの先頭へ >>