スマートスケールを1ヶ月間使用してみて分かったこと

スマホと連動してデータを蓄積してくれる体重計(スマートスケール)を使い始めてから丸1ヵ月が経ちました。

使っているのはマルティファンというメーカーのもの。

スマートスケール本体

使い始めて最初に感じたのは、データを自動で記録していってくれるってのは、本当に便利ってこと。何しろ、体重計に乗るだけでいいんですから。

体重計に乗った時にスマホがスリープ状態だったとしても、後でアプリを起動させてみると、データはキチンと記録されています。

蓄積されたデータを見るのは楽しい

下の左側は「計測」画面ですが、ここから「チャート」をタップすると、これまでに蓄積してきた様々なデータを見ることができます。

スマートスケール1ヵ月-1

履歴データを見てみると、3月は(たまに抜けてる日もあるけど)結構頻繁に測定してきたことが分かり、例えば16日測定の体重は67.4kgで、BMIは23.9、って具合。

もちろん、グラフでの各種データ推移も確認できます。それも、週、月、年単位で。

グラフで見れるデータは、体重、BMI、体脂肪率、体水分、骨格筋、基礎代謝量の6種類。下のグラフの左側は体重の推移で、右側は体脂肪率。

スマートスケール1ヵ月-2

体重ってのは、毎日微妙に変動してるんだなってのが分かった。

単に体重計の測定誤差(バラツキ)って可能性もあるけど、その都度のデータは何となく納得できる(今日は運動したから下がったんだな、とか)ので、結構正確な数値だと思う。

もう一つ分かったのは、生活を変えなければ、体重も変わらない(下がらない)ってこと。

筋トレ(腹筋、スクワット、レッグレイズ)は継続してやっていますが、足を痛めてからまだ回復途上にあるので、ランニングは抑え気味。

となると、体重は下がらない。それどころか、傾向を見ると月の前半は微妙に減少傾向なのが、後半は上昇傾向に変わったように感じる。

うーむ、確かに3月の後半は天気とのタイミングが合わずに、前半よりさらにランニングの機会が減ったので、それが影響しているのかもしれません。

邪魔にならないし、体重測定を毎日の習慣にするのも簡単

体重計自体も26cm×26cm×厚さ2.5cmと、コンパクトで軽いので、片付けるのも楽。使い終わったら本棚に戻せばいいので、邪魔になることも無いし。

本棚の体重計

電源スイッチも無く、体重計に乗るとスイッチオンで、そのまま放っておくと自動的にスイッチオフになります。なので、本棚から取り出し、体重計に乗り、本棚に戻すだけ。

スマホへのデータ記録も含めて、10秒もあれば体重測定のすべての動作が完結します。

「毎日体重を測定する」という動作に対する “敷居” がメチャクチャ低いんです。

そして、毎日体重を測定して、それを継続したデータとして確認出来るということは、運動をして体重を減らそうというモチベーションアップに直結します。

ということで、4月は運動しますよ!


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2097-c8fdd52b

<< topページへこのページの先頭へ >>