100均商品でカメラのレンズ用防湿容器を作ってみた

いつの間にか増えてしまったマイクロフォーサーズ用の交換レンズをキチンと収納すべく、手始めにeBay にてリアキャップ5個セットを買ってみました

今日は、このリアキャップを活用してレンズ用の収納ケースを作ります。

収納ケースとして使うのは100均で買ってきた密閉容器(ちょっと大きいので200円)。

密閉ケース

収納ケースに入れる防湿材として、除湿シートも買ってきました。

除湿シート

容器の底に除湿シートを敷き、その上にリキャップを固定した床板を被せるイメージで、3mm厚のアクリル板で床板を作りました。

レンズ収納庫
アクリル板の両サイドを曲げてあるのは、床板の強度確保、除湿シートのスペース確保、そしてリアキャップを固定するネジの突起を避けるためです。

1個大きな穴が開いているのは、望遠ズームが長くて、床板の上に載せたリアキャップに装着すると容器の中に納まりきらないので、キャップをこの穴に落とし込むため。

キャップにも、ネジで固定するための穴を開けました。

レンズ収納庫2

そして、キャップとアクリルの床板をネジで固定。使っているのはM3のなべ小ねじ。

以前、同じような固定をした際には皿ネジを使いましたが、今回購入したキャップの窪みが深いので、レンズと干渉する心配が不要で、その点は良かったかな。

レンズ収納庫3

容器の底に除湿シートを入れます。除湿シートは5枚パックだけど、床板下のスペース的に2枚が限界。でも、余らせても仕方ないので、レンズの周りに置いておこうかな。

レンズ収納庫4

レンズ収納用防湿保管容器の完成。レンズ同士のセンターピッチは75mmにしてます。もう少し広い方がレンズの出し入れが楽ですが、なんとかギリギリOK。

レンズ収納庫5

密閉容器の蓋をすると、なんとなくそれらしく見えます。

レンズ収納庫6

関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2106-2af0f2f2

<< topページへこのページの先頭へ >>