100均グッズで写真パネルを作ってみた ⇒ これはおススメ!

かなりの枚数の写真を撮っていても、それを使うのはほとんどこのブログだけ。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるで、中には悪くないな!って写真が撮れることもあるのに。

せっかくなので、家の中に飾ってみようかな。

最初に考えたのは、額縁に入れて飾ること。小さな額縁を複数個買って、階段わきの壁に並べてみようかと。

写真の大きさはA4サイズでは大き過ぎるし、かと言ってL版ではあまりに小さ過ぎ。ということで2L版の大きさでプリントアプトすることにします。

でも、2L版用の額縁を探してみると、なかなか手ごろなものが見つからない。良さそうだなって思うとそれなりに高いし、安いのは見るからに安物っぽいし。

それなら写真パネルを作ってみようかな。昔、買ってきたポスターを木製パネルに貼り付けたことがあるので、写真サイズに合わせて木製パネル自体から作ってみようかと。

スチレンボードを使った写真パネル

ところが、木製パネルの作り方を調べていたら、スチレンボードを使った写真パネルというものの存在を知りました。なるほど、こっちの方が間違いなくお手軽。

スチレンボードの片面が粘着面になっている「のりパネ」なるものを買ってきて、そこに写真を貼り付けてカットするだけで出来上がります。

さっそくAmazonで「のりパネ」を買ってと思ったら、これが意外に高い。厚さ5mmのB2サイズ(515mm×728mm)で約1000円。

100均にも似たようなのがあるかもと探しに出かけたら、ありました。ダイソーの「貼れるボード」。厚さ5mmで、300mm×450mmで108円。

貼れるボード

ついでに2Lサイズのプリンター用紙(印画紙)も買ってきました。108円で12枚入り。

印画紙2L
この印画紙、ナイスです。Amazonで50枚セットを買えば、1枚あたりはかなり安くなるけど、こちらはそれよりも安いし、今回みたいな “お試し” には価格も枚数もピッタリ。

我が家のプリンターはブラザー製で、カラー写真を印刷することは殆ど想定していない(正直、あまり美しく印刷できない)けど、それでもこの印画紙でイイ感じに印刷できました。

ボードに写真を貼り付けてカット

写真をボードに貼り付けていきます。

作り方を解説している記事をいくつか見ましたが、先にボードを大きめにカットしておき、写真を貼ってから写真に合わせてカットする方が綺麗に出来るとのこと。

写真(印画紙)の大きさに合わせてカットする方法や、写真の周囲に枠を残しておいて、その枠ごとカットする方法とか、いくつかのやり方が紹介されています。

が、300mm×450mmのボードから2L版(127mm×178mm)のパネルを最大枚数作ろうとすると、5枚が限界で、それも微妙に足りない部分もあるので、余裕が全然無い。

ということで、自分なりの方法でやってみます。先ずは、ボードの端の剥離紙を1cm程度折って粘着面を出し、ボードの角と写真の角を合わせて上下2枚貼ります。

写真パネル製作

後は、写真に合わせて外形をカットしてから剥離紙を剥がし、写真とボードとを完全に貼り合わせて写真パネルの完成。

写真パネル1枚目

ただ、上の写真の通り、パネルのカット面がギザギザになってしまった。反省すべきは、カッター刃は切れるものでないと、仕上がりが本当に汚くなるってこと。

慣れもあるけど、下の写真の下側は使い古したカッター刃でカットした失敗作。上のボード断面は、新しいカッター刃を使い、作業にも慣れてきた状態でカットしたもの。

パネルカット

でも、少し慣れれば簡単綺麗に仕上がります。最近は、撮ってきた写真をほとんどPC画面でしか見ることが無かったけど、やっぱり印刷したものはひと味もふた味も違う。

ま、色々と反省点はありましたが、取り敢えず2Lサイズ、5枚の写真パネルが完成。

写真パネル完成

2L版の大きさなら、1枚当たり30円程度(スチレンボード+印画紙で、インク代は含まず)で作れ、自分でやってみて実感したのは、「間違いなくおススメ!」ってこと。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2107-9d4cbfdd

<< topページへこのページの先頭へ >>