初めてのスケッチアップ - (15)脚を伸ばして柵用柱に

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第15回。

前回の第14回で、ウッドデッキの床板から下の構造体は取り敢えず完成したので、ここからは床上を設計します。

まず今回は柵用の柱を立てますが、どうやって作っていこうかな? 床下の柱を床板を貫通させて使う? それとも、別の柱を床板の上に立てる?

実際にどうやるかは未定ですが、図を描く上では床下の脚を床上まで伸ばした方が楽そう。

別の柱を立てようとすると、位置決めからやっていく必要があるけど、下の脚を伸ばすのなら、そのままプッシュ/プルツールで脚の長さを変えればいいだけですから。

ただ、ここで問題が。脚の上端面が床板で隠れてしまっているので、直接プッシュ/プルツールでの操作が出来ない。

どういうやり方が正しいのか分からないけど、私なりに色々と試行錯誤してたどり着いたのは、移動ツールで足を垂直に持ち上げて、床上に脚の上端面を露出させるという方法です。

移動ツールで脚の適当なところをクリックし、上へと持ち上げます。「青い軸上」と表示されれば垂直に移動してるってこと。

フェンス作成1
持ち上げる寸法はいくつでもOK(後で元に戻すので)。

ここで脚の上端を移動ツールで選択するためには、既にグループ化してある脚を「分解」しておく必要があります。

フェンス作成2

そして、移動ツールで選択。

フェンス作成3

上へと伸ばします。実際の柵の高さは700mmくらいで作るのでしょうが、今回は適当に300mmとしました。そして、50mm上に持ち上げてあった脚を元の位置に戻します。

フェンス作成4

必要な本数だけ、床下の脚に対して同じ作業を行います。(あるいは、床上まで伸ばした脚を、他の脚の場所にコピーしていくってやり方も有り)

フェンス作成5

横方向に桟を通します。

フェンス作成6

もう1本の桟を通し、ペイントして柵が完成しました。

フェンス作成8

コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2110-ae41b855

<< topページへこのページの先頭へ >>