Logicool の Bluetooth ワイヤレス キーボード K480BK

1週間ほどPCの無い状況に対し、スマホをPCの代わりに使おうと、以前買ったサンワサプライのBluetooth キーボード SKB-BT12BK を持っていったら、これが使えなかった。

後で調べて分かったのは、このキーボードの対応OSには、Windows 7やiOS等が含まれているけど、Android の表記はどこにも無かったということ。

GWには再びPCの無い状況になってしまうので、改めてAndroid 対応のBluetooth キーボード を買うことにしました。

あれこれと迷った末に買ったのは、やっぱり一番信頼できるLogicoolの製品。マルチOS対応の Bluetooth キーボード K480BKです。

k480箱

箱から出してみたら、これがズッシリと重い。重量815gです。

k480本体

本体裏側には電池ボックスと、オンオフのスイッチがあります。四隅にはゴム足があり、本体の重い重量と共に、操作している最中に動いてしまうようなことはありません。

k480裏側

大きさ的にはフルサイズってやつです。常用しているHHKBと比較してみると、横幅はほとんど同じなのが分かります。なので、キー配置に違和感はありません。

k480とHHKB

ただ、カチャカチャという安っぽい入力感は、どうもなー。HHKBの打感に慣れた身としては(HHKBと比べるのは酷だけど)、決して気持ち良くはない。ま、慣れると思うけど。

スタンド機能(単なる溝だけど)は、思ってた以上に使える。横幅があるので、スマホとタブレットと並べて立てておくことが可能。

k480ホルダー

上段の左端にあるダイヤルを回すことで、接続された3台のBluetooth対応デバイスを切り替えて入力することが出来ます。

k480ホルダー斜め2

Bluetoothの接続は簡単です。初回は、右上にある接続ボタンを長押しすると接続先を探す検索モードになってインジケーターが点滅します。

そして、スマホ側には接続可能なデバイスとして「K480」が出現。

k480ブルートゥース接続

これをタップすると「Bluetoothペア設定要求」になるので、ここでキーボードから「ペアリングコード」を入力すれば接続完了です。

ペア設定
当初、まだ接続前なのでスマホ側でこの「ペアリングコード」を入力するんだと思ってやろうとしたんだけど、ソフトウェアキーボードが出てこなくて「どうするんだろ?」って。

そして、キーボードから入力すればいいのかなってやってみたら接続されました(入力しても[Enter]を押すまで何の変化もないので戸惑いましたが)。

一旦接続されれば、次回からはペア設定の必要はなく即接続されるので簡単。

実際の使用感は、しばらく使ってみないと何とも言えませんが、少なくともスマホのソフトウェアキーボードから入力するよりは間違いなく楽なので、取り敢えずは満足です。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2117-37f56d51

<< topページへこのページの先頭へ >>