スイッチを放すと消えてしまうガスコンロ -- 原因は電池だ!

ガスコンロの調子が悪い。左右2口で、下に魚焼きグリルがあるごく一般的なコンロ。

コンロ全景

この右側は普通に火がついて使える。でも、左側と魚焼きグリルは、点火スイッチを押している間は火がつくんだけど、スイッチを放すと消えてしまいます。

これまでにも様々なものを修理してきたけど、その中にガスコンロは含まれていません。火を扱う機器なので、素人が弄るのは怖いなって気持ちもあって。

それ以前に、ガスコンロが壊れた経験が無い。というか、レバーでガスの噴出量を調整するだけの機器だと思っていたので、壊れようが無いんじゃないかと。

火がつかなくなるとすれば、点火用の電池が切れてしまうか、汚れでガスの通り道が詰まってしまうといった理由くらいしか思いつかない。

今回の場合、少なくとも片側はガスが点火するので、電池切れが原因とは考えられない(と、この時は思ってました)。

ネットで調べてみると、火が消えてしまった場合にガスを自動的にストップする「立ち消え安全装置」なるものがあって、これが汚れていると今回のような症状になるらしい。

コンロを見てみると、ありました。点火プラグの横に、鉛筆の先っぽのようなものが突き出ていて、これが「立ち消え安全装置」ってものらしい。

コンロ安全装置

見た感じ、特に汚れているようにも見えないけど、取り敢えず掃除してみました。

が、症状に変化は無し。最初は布で汚れを拭き取った程度だけど、最後は紙やすりで磨いたりもしてみたけど、それでも改善の兆しが見えない。

うーむ。コンロを見ながら唸っていたら、あることに気が付きました。火の強弱以外に、タイマー等の機能があって、操作するとランプが点灯する仕組みになってる。

でも、どのスイッチを押してもランプがつく気配が無い。これまで使ったことが無いので、どうすれば機能するのか分からないけど、少なくともスイッチを押してランプがつかないってのは、どこかに問題があるってことなのかな。

更に考えると、こういう機能があるってことは電池の電力をたくさん使ってるってことだよな、と。そこで電池を調べてみたら、なんと単1電池を2本も使っていた。

コンロ乾電池

勝手に単三電池が2本とかと思っていたので、これにはビックリ。

なるほど、タイマー機能とか立ち消え安全装置とか、結構電池に頼ってるってわけですね。

ということは、点火するための(電池の)電力は残っているとしても、コンロを万全な状態で機能させるだけの電力が残っていないという可能性もありそうです。

で、買ってきました。単1電池を2本。

入れ替えてみると、何の問題も無く点火するようになりました。

なんだー、こういう場合、電池交換なんて基本中の基本なのに、それに最後に気が付くとは、我ながら間が抜けていたなって。

ただ、症状が解消した後も、「これで本当に解決したの?」って疑問が微妙に残っていて、更にネットで調べていたら、もう一つの機能の存在を知りました。

それは温度センサーの存在。2枚目の写真は右側のガス口なので、中心が空間になっていて何もありませんが、左側のガス口の中心には温度センサーがあったんです。

で、この温度センサーもやっぱり電池で機能するわけです。そして、左右のガス口の違いは、この温度センサーの有無の違いだったんです。

温度センサーの無い右側は何の問題も無く使えて、左側は電池の電力不足によって温度センサーが機能せずガスが消えてしまっていた、という結論にたどり着きました。

これでスッキリしました。原因は電池切れ(消耗)にあったと確信できたので。



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2118-9994687f

<< topページへこのページの先頭へ >>