ブラックアンドデッカーの電動式ノコギリ KS900G を購入

電動式ノコギリを買いました。ブラックアンドデッカーの電動式ノコギリ・シグソー KS900Gという製品。

電動ノコギリ箱

庭先の木が大きくなってしまって、台風とかで強い風が吹いている時は、いつ倒れるんじゃないかとヒヤヒヤしっぱなしなので、剪定しようかと思って。

これまでにも、何度か繰り返してきた剪定作業ですが、ノコギリで切るのが大変で、ついつい億劫がっている内に、かなりヤバい状態になってしまい、ここは電力に頼るかと。

というのが目的なので、6mの延長コードが付属してるってのも、このKS900Gを選んだ理由の一つだけど、届いた箱を見たら、「今だけ10m延長コード付」ってステッカーが。

なるほど、上の写真で箱の左側が不格好に膨れ上がってると思ったら、そこに無理やり10mの延長コードの塊が押し込まれていました。

電動ノコギリ延長コード

デカいし、重いし

中身を取り出してみると、本体に替刃が3本付属。木工切断用と、金属切断用のノコ刃が各1本ずつに、曲線切断用のジグソー刃が1本。

電動ノコギリセット

本体に木工切断用ノコ刃をセットしてみました。Amazon で商品写真を見ていた時にはイメージできなかったけど、思ってた以上に大きい。

電動ノコギリ全長

重量も2kgとそれなりの重さがあり、片手だけで操作するのは難しそう。実は、リョービの電動ノコギリにしようか、こっちにしようかと最後まで悩んでいたんです。

リョービの方は重量1.3kgと、こちらに比べると結構軽いんです。ただ、消費電力150W、切断能力が庭木でΦ45mmと、ちょっと力不足が心配で(Φ100mmくらい希望)。

で、こちらの製品は、消費電力400W、最大切断能力は木工で100mm×100mm角と(スペック上は)書かれているので、重さ(扱い易さ)と能力でどちらにしようか悩んだ次第。

でも、実際に現物を手にしてみると、重いし、デカいし、木の上で使いこなせるか心配。

力がある分だけ、手にくる振動も大きいだろうと容易に想像できますが、それを少しでも緩和しようと、握りの部分にはジェルパッドが埋め込まれています。

電動ノコギリ後ろ側
握りの上下にはロックオフボタン(安全装置)があり、このどちらかのボタンを押しながらでないとトリガーが握れない(動かない)仕様になっています。

右利きの人は、右手でトリガー位置を握り、左手を本体前部に沿える形で保持しますが、その左手を添える部分にもジェルパッドが嵌め込まれています。

電動ノコギリ前から

ブラックアンドデッカー社は、そもそもアメリカの会社なので、全体的な作りも手の大きな外人仕様になってるようで、小柄な私が持つと、手に余るというか持ち難い。

実際に使ってみないと何とも言えないけど、現時点でリョービ製にすれば良かったかなって微妙に反省中。ま、パワーがあるのは間違いなさそうだけどね。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2131-5167dbd4

<< topページへこのページの先頭へ >>