初めてのスケッチアップ - (16)コンポーネントを挿入する

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第16回。

前回の第15回で、ウッドデッキの形は完成しました。今回は、ここにコンポーネントとして作られているイスを置いてみようと思います。

以前、束石というコンクリートブロックをコンポーネントとして自作しましたが、今回はインターネット上にあるコンポーネントを借用します。

メニューバーから[ファイル]をクリックし、出てきたメニューから[3D Warehouse]-[モデルを取得]をクリックします。

コンポーネント1

【3D Warehouse】のウィンドウが立ち上がるので、[garden furniture]と検索ウィンドウから検索してみると、ベンチやテーブルといったコンポーネントがズラズラっと。

コンポーネント2

下の方に辿っていくと、1人用のシンプルなイスを見つけたので、お目当てのコンポーネントの右下隅にあるダウンロードのアイコンをクリック。

すると、「モデル内にロードしますか?」というウィンドウが立ち上がるので、[はい]をクリック。

コンポーネント3

メインウィンドウ内にダウンロードされたイスが出現します。

コンポーネント4

そのまま移動ツールで選択されているような状態になっているので、お好みの場所に移動してクリックすれば、ウッドデッキ上にイスを置くことが出来ました。

コンポーネント5

でも、ダウンロードされたコンポーネントの向きが望みとは違うという場面も少なくないと思うので、ここでイスの向きを変えてみましょう。

回転ツールを選択してカーソルを動かしてくると、対象となるオブジェクトが青枠で囲まれる(選択可)ので、回転中心を決めてクリック。

コンポーネント6

マウスを動かすとイスが回転するので、望みの向きを向いたらクリックして完了。

コンポーネント7

ネット上には様々なコンポーネントが存在しているので、これを上手く活用すると、簡単に望みの環境を作り出すことが可能となります。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2132-7771214d

<< topページへこのページの先頭へ >>