浴室の中折れドアの戸車を交換修理

浴室の中折れドアの戸車が外れてしまい、修理しようとしたら滑車が極端に擦り減ってしまっていて、修理不可能と判断したのが1週間くらい前のこと。

補修パーツを買おうかなって探してみたら、これが送料まで含めると3000円以上と、結構お高い。その後も安いのを地道に探していたら、見つけました。

話は変わりますが、何年か前から「LIXIL」という会社のTVCMを頻繁に見るようになったんだけど、それまで聞いたことの無い会社だったので、何の会社なのかなって。

住関連の会社なのは分かったけど、結構大きな企業みたいだし、急にそんなに大きな会社が出来上がる筈も無いしなって微妙に疑問に思っていたんです。

で、今回購入した交換パーツが、このLIXILの製品だったんです。でも、浴室の中折れドア自体は新日軽のものだし、ライセンスされた互換部品なのかな?

そこで調べてみると、このLIXILという会社は、トステムが、INAX、新日軽、東洋エクステリア、(初代)LIXILの4社を吸収合併して出来上がった会社だったんですね。

新たに追加されたのではなく、ある筈のものが無くなっていたってことでした

購入した戸車は左側のもの。右側が壊れてしまった戸車。型番は分からなかったので、各部の寸法から適合するものを選んだのですが、まったく同じものだということが分かります。

戸車新旧比較

ネットショップの不鮮明な商品写真を見たときには、この左側のパーツの先端に付いているものが何なのか分かりませんでした。多分、マイナーチェンジで進化したんだろうなと。

でも、手元に届いたパーツを見て分かりました。このパーツが戸車にとって必要不可欠な部品だってことが。マイナーチェンジしたのではなく、元々ある筈の部品だったんです。

戸車の金属製の足が片側に延びているのは、フレーム枠のレールに沿って動くガイドだろうことは分かっていたけど、本当のガイドは、この白いプラ製のパーツだったんです。

戸車ガイド

結局、このパーツが外れて無くなってしまったから戸車の動きがスムースでなくなり、その結果として偏った力が滑車にかかり、そして滑車が削れてしまったのでしょう。

穴を塞ぐ座金を作って戸車をドア枠に固定

さて、新しいパーツを浴室ドアに取り付けます。でも、ドアの一部が破断して戸車が外れてしまったので、シンプルにパーツを交換するって訳にはいきません。

ドア枠に開いてしまった穴をカバーするような “座金” を作りました(他の部品を流用したので、上下の皿穴は気にしないで下さい)。

これと、破断した浴室ドアの一部を挟んで戸車をドア枠に固定します。

座がね製作

ちょっと(本当はかなり)苦労したけど、何とか固定することが出来ました。

戸車取り付け

フレーム枠に上下の滑車を嵌め込んで、浴室ドアの修理完了です。

戸車溝にセット

スーって開け閉めできるようになって、とても気持ちがイイ。



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2136-b7c8a7d8

<< topページへこのページの先頭へ >>