PowerShot S100、5年間保証が切れるギリギリで壊れて

長年愛用してきたキヤノンのコンデジ、PowerShot S100 が壊れてしまった。「あれっ、何となくカメラが挙動不審?」って思っていたら、「レンズエラー」表示が。

S100レンズエラー

S100 の前には、同じくキヤノン PowerShot S95 を使っていましたが、実はその S95 も同じレンズエラーになって修理に出したことがあります。

レンズエラーになると、電源を落としてもレンズは引っ込まずに、この状態のまま停止。

S100レンズエラーで

S100の発売日は2011年の暮れなので、既に6年半も経過しているし、購入してからも5年前後経っていると思うので、ここまで使えれば十分かなと。

一方で、ジョギングに出かける時には必ずウェストバッグに入れて持っていくので、無ければ無いでやっぱり不便。

そう言えば、このカメラは「カメラのキタムラ」で5年間保証に入っていたなって思いだし、保証書を出してきて調べてみると、あと1カ月弱保証期間が残っていました。

お金を出してなら間違いなく修理に出さなかったと思いますが、保証で修理可能となれば話は違ってきます。変な言い方だけど、「いいタイミングで壊れてくれたな」って。

S100復活

さっそく一番近くのキタムラに持って行って修理をお願いしてきたら、2週間ほどで修理完了しましたとの連絡があり、受け取りに出かけました。

そこで微妙にトラブルが。直っていることを確認し、さて帰りましょうって思ったら、「修理代金は1万2千数百円です」、なんて話が。

えーっと、保証で修理をお願いしたんですけど!?

上にも書いた通り、修理費用がかかるのならば修理には出さなかった筈で、先方とやり取りをしながら、こいつは困ったなー、って。

で、店員さんが改めて確認してくれたら、先方のミスだということが分かり、一件落着。

ふー、よかった。

そのやり取りの中でチラッと話題に出たのが、「5年間のトータルの保証金額は購入代金が上限」、ということ。

へー、知らなかった。実はこのカメラ、2年ほど前にも1度修理に出しているので、今回のと合わせると、場合によっては超えてしまっていた可能性もあったわけです。

ま、そんなこともなく、無事に私の手元に復活して戻ってきました。

S100復活

S95も「カメラのキタムラ」で5年間保証に入っていて2度ほど修理に出した記憶があります。そして今回のS100も2度目の修理。つくづく長期保証の有難みを感じました。

長期保証に入っていなければ、5年間も(そしてこの後も)使うことなく、新しいカメラを買わざるを得なかった筈ですから。

もう保証期間も完全に終わってしまいましたが、もう少し現役で頑張って貰いましょう。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2137-3bedc349

<< topページへこのページの先頭へ >>