浄水器って本当に必要なのかな?

新しい浄水器を買ったので(効能に関しては相変わらず懐疑的だけど)、これまで使っていた浄水器はどうしようかなって思っていたら、次男が使いたい、と。

三菱レイヨンのクリンスイ pixiewin という浄水器。

浄水器クリンスイ

短期的に家から出てウィークリーマンションに居住しているのだけど、そこの水が美味しくないので、ってことらしい。

捨ててしまうのは勿体ないなって思っていたので、それならと交換カートリッジを購入。

浄水器カートリッジ

浄水処理する過程の中で生み出されるトリハロメタン

ところで、浄水器というと必ず見かけるこの「トリハロメタン」ってのは何なんでしょうか? 水道水中に含まれている体に悪い物質なんだろうなってくらいの認識しかないけど。

調べると、浄水場で水道水の消毒のために「塩素」が使われているのは知っていましたが、その塩素消毒の際に水中の有機物と反応して生成される化合物の一種だそうです。

湧き水などの自然の状態の水の中には存在せず、飲み水として利用できるように浄水処理する過程の中で生み出される物質なんですね。

この発生するトリハロメタンの内、6~9割が「クロロホルム」らしい。ドラマなどでこいつを染み込ませたハンカチなどで口元を覆われて失神する、あのクロロホルムですね。

実際には多少吸引しても一瞬で気を失うことはなく、せいぜい咳や吐き気、頭痛がする程度らしいけど。

さて、トリハロメタンは、発がん性がある “かもしれない” 物質として勧告されています。

ただ、WHOの水質基準では仮に発がん性があったとして、生涯飲み続けても発がん率が1/10万を越さないレベルに設定され、日本では更に厳しい基準を設けているとのこと。

日本の水道水の水質基準は非常に厳しくて、その検査項目数は約100項目もあり、その中には当然トリハロメタンも、クロロホルムの名前も含まれています。

因みに、ミネラルウォーターの水質基準は、一般細菌や大腸菌、あるいは水銀、鉛、ヒ素等たった18項目だけです。水道水の水質基準の方が圧倒的に厳しんです。

水道水

水道水の中に塩素が残っているのは法律で定められているから

さて、このよく耳にするトリハロメタンに関しては、それほど気にする必要はないようだけど、でも水道水の中に含まれていることは間違いないんですね。

また、消毒のために使われる塩素も微妙ながら残っているし。というか “残している” と言った方が正しいのかな。

日本の水道法という法律では、細菌等の繁殖を防ぐために家庭の蛇口から出る段階で、水の中に0.1mg/L 以上の塩素が含まれていなければならないと決められているです。

この塩素が残っているお陰で、水道水は雑菌が万が一入っても殺菌されるんです。でも、塩素は雑菌と戦い自分も死んでいくので時間の経過と共に徐々に少なくなっていくそうです。

一方、ペットボトルの水は加熱殺菌後、真空状態で水を詰めているので封を開けるまでは無菌状態だけど、空気に触れた瞬間から雑菌が増え始めていくんです。

ペットボトルの水

なので、「開栓後はなるべく早めにお召し上がりください」と表示されているんですね。

「日本の水道水は世界一安全」と言われる中で、浄水器って本当に必要なのかなって思わなくもなかったけど、やっぱりあった方がいいなって改めて思う。

トリハロメタンや塩素以外にも、水道管内の錆びとかもあるし、実際、使い続けた浄水器のカートリッジが真っ黒になるのは、不純物をそこで堰き止めている明確な証な訳ですから。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2142-f2aefbcf

<< topページへこのページの先頭へ >>