初めてのスケッチアップ -(20)フォローミーの順番を変える

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第20回。

第17回から題材をバスケットに変えてスケッチアップの使い方を学んできましたが、そこでバスケットの外形に角Rを付けようとして壁にぶつかりました。

バスケットを正面から見て両サイドの縦辺と底辺の角Rは付けられるけど、底辺の前後は直角のまま残ってしまいます。

あるいは、底面を全周に渡って角Rを付けることは出来るけど、今度は縦の辺が直角のままになってしまいます。

まあ、これはこれで仕方ないかなって諦めていたのですが、ちょっとした妙案が浮かびました。というか、もう一つ試していないことがあったなと。

それは、先ず4つの縦辺を角Rにしておいて、その状態で底面の全周をフォローミーツールで角Rにしてみるのはどうなのか?って。

立方体を作り、縦方向の角を取る

いつも通り380×260×80mmの立方体を作り、各辺から内側10mmのところに補助線を引き、4つの角に半径10mmの円を描きます。

バスケット3-

円弧と外周の辺とで囲まれた部分(4箇所)を移動ツールで下へと押していき(フォローミーツールでも同じに出来ます)、縦方向に角Rのついた立方体が完成。

バスケット3-3

続いて側面の1箇所に、端から10mm、10mmの位置に補助線を引き、円を描き、同じように円弧と外周の辺とで囲まれた部分をフォローミーツールで押そうとしたら、ダメでした。

バスケット3-4

立方体の一部に切れ込みを入れます

曲面が押せないなら、無理やり平面を作ってみましょう。立方体の一部に切れ込みを入れ、そこからフォローミーツールを使ってみることに。

側面の適当なところに四角を描き、

バスケット3-5

移動ツールで奥へと押し込みました。

バスケット3-6

窪んで出来た面に円を描き、フォローミーツールで押してみます。

バスケット3-7

なんと、切れ込みから始まって、切れ込みの反対側までフォローミーツールで角Rを繋げることが出来ました(1度にやることは出来ず、何度かに分けて行いましたが)。

バスケット3-8

移動ツールで、切れ込みの側面を移動させて閉じます。

バスケット3-9

不要な線を消去して、全周に角Rの付いた立方体の完成です。

バスケット3-10


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2160-07a56f00

<< topページへこのページの先頭へ >>