逗子海岸と鎌倉海岸とを結ぶ道路は歩いて行けない?

JR逗子駅へとやって来ました。ここには約3カ月前、菜の花の頃に、大楠山にハイキングに行くために降り立った記憶があります。

170710藤沢-01

今日は、夕方から藤沢にて毎年恒例の飲み会です。例年、大船で電車を降り、海岸まで歩き、更に海岸沿いを歩いてから、再び藤沢方面に向かうというルートを歩いています。

が、少し飽きたので、今年は違うルートで藤沢に向かおうと、逗子駅へと。

先ずは逗子駅から歩いて15分くらいの逗子海岸に到着。距離にして1kmほどかな。駅から歩いて往復する人も多いみたいで、見るからに海水浴客風の方々がたくさん歩いています。

170710藤沢-02

海沿いを鎌倉方面へと歩きます。道路沿いには飲食店等もたくさんあり、歩道も整備されていて歩きやすい。

が、歩道を歩いていると、「この歩道はあと500mで無くなります」との看板が。そして100m毎に看板の数字が小さくなり、歩けなくなるのかなって不安に。

と言って、スマホで道を調べても、迂回出来るような道路は見当たりません。この道を進むしかないようで、覚悟を決めて歩きます。

170710藤沢-03

そして、歩道が無くなると同時にトンネルが始まりました。有り難いことに、歩道ではないんでしょうけど、1段高くなったところが歩けるようになっています。

170710藤沢-04

400mのトンネルを、横を走る車のスピードに圧迫されながら向こう側へと抜けると、もう完全に歩道の雰囲気はありません。どうかすると、自動車専用道路風。

他に歩く人の姿も無くて不安になるけど、たまに自転車が走っていくので、自転車が行けるのなら、歩いても行けるはず、と。

170710藤沢-05

そして、2つ目のトンネルと抜けると、再び海岸沿いへと出てきました。いやいや、ホッとしました。ここは、鎌倉の材木座海岸です。

170710藤沢-06

材木座海岸をずっと歩いて来て、振り返ったところ。左手の山の側面にコンクリートの壁が見えると思いますが、その左下に通り抜けてきたトンネルがあります。

170710藤沢-07
そして、海へと突き出している岬にあるのが逗子マリーナですね。道を歩きながらは、そんな気配が全然無かったので分からなかったけど、振り返ってみて存在を知りました。

昨年の夏にオープンした材木座テラス。見るからにオシャレなショッピングモールです。ただ、一番近い鉄道駅は、江ノ電の由比ヶ浜駅なので、車じゃないと辛いかもね。

170710藤沢-08

この辺りは由比ヶ浜海水浴場。

170710藤沢-09

由比ヶ浜海水浴場から内地へと折れ曲がり、長谷寺で有名な江ノ電の長谷駅を通過。ここで、本日の行程のちょうど真ん中くらい。

170710藤沢-10

鎌倉の大仏様の前を通り、後はひたすら歩くだけ。後半は、見るべき景色も無く、炎天下を疲れ切った体を引きずりながら歩いていました。

やっと、境川と柏尾川の分岐地点へとたどり着きました。ここまで来れば、藤沢駅まであと数百メートル。もうひと踏ん張り。

170710藤沢-11

そして、1時半逗子駅発で4時過ぎに藤沢駅に到着。全行程12km弱ですが、距離以上に疲れました。疲れた分だけ、ビールが美味しいことでしょう。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2177-86e6278f

<< topページへこのページの先頭へ >>