4個目のLED小型シーリングライトはアイリスオーヤマ製

4種類、4個目のLED小型シーリングライトを購入。

最初に買ったのは、ルミナスというブランド名の、消費電力9W、明るさ840ルーメンのものでした。息子の6畳間用に買ったのだけど、これは部屋用としてはちょっと暗かった。

続いて買ったのは、同じくルミナスブランドで、より明るいタイプ。こちらは、消費電力14W、明るさ1670ルーメンで、6畳間でも十分明るく感じました。

3個目は、Trylightという聞いたことの無いメーカーの15W 1250ルーメンのシーリングライト。今、比較して初めて気が付いたけど、消費電力が上がって、明るさは下がってる。

そして今回は、アイリスオーヤマのLED小型シーリングライトです。

パッケージLED小型ライト

ルミナスの1個目を買ったときからアイリスオーヤマと迷った記憶があるけど、当時は明るさが(対値段的に)ルミナスの方が勝っていたんです。

それが、消費電力14.5W、明るさ1850ルーメンというアイリスオーヤマの製品を見つけたので、これはやっぱり買わずにいられないでしょ。

形状的にはルミナスと同じ円柱タイプ。直径20cmなので、ルミナスの直径15cmよりは大きいけど、直径22cmのTrylight(写真右)よりは少し小さい。

大きさ比較

Trylightの机上での明るさをスマホアプリ(照度計)で測定してみると105ルクス。前回、ルミナスとの比較で測定した時と同じ値(ま、当たり前か)。

旧ルックス
因みに、前回のTrylightとの比較商品であるルミナスののLEDライト(明るさ1670ルーメン)の測定値は、118ルクスでした。

そして、今回のLEDライトを同じ条件で測定してみると、121ルクスでした。1670ルーメンで118ルクスに対し、1850ルーメンで121ルクスというのは妥当なところなのかな。

新ルックス

ところで今気が付いたけど、このLight Meter というスマホアプリの、測定値の周りにある “円” は何を示しているのでしょうか。

なんとなく明るさに比例して円が伸びるのかなって思っていたけど、上の上下の写真を比べて見ると、105ルクスは円の3/4が点灯してるのに、121ルクスの方は半分くらい。

この違いは何なんだろ?

関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2186-d2d9fe26

<< topページへこのページの先頭へ >>