梅雨明け! 真夏の野川公園ツーリング

梅雨も明け、快晴の太陽ギラギラ、予想最高気温35度近くの中、久しぶりの自転車での野川公園ツーリングです。

家から多摩川近くの待ち合わせ場所まで約20キロ。途中、綱島から溝の口までの道程で何度か迷い、1時間で行く積りが15分遅れでの到着になってしまいました。

登戸から稲城まで多摩サイを走る

多摩川に到着です。空の青を反射してか、いつも以上に多摩川が青くキレイに見えます。

0727野川01
多摩水道橋を渡り、多摩川沿いを稲城に向かって走り出します。

多摩川の土手で休んでいたら、バッタがいました。昔はいくらでも見かけたのに、最近めっきり出会わなくなったような気がします。

0727野川02

土手に咲く名もなく(知らないだけ)キレイな花。

0727野川03

こうやって改めて多摩川を見てみると、自然豊かなキレイな川に思えます。

0727野川04

多摩川CRをひたすら走ると、遥か向こうに多摩川にかかる京王線の鉄橋が見えてきました。

0727野川05

平日の野川公園は人もまばらで解放感バッチリ

多摩川土手のサイクリングロードに稲城で別れを告げ、多磨駅(多摩駅ではないんですね。今気が付きました)の横を通り多磨霊園(ご同様。てっきり多摩霊園かと思っていました)に到着です。周囲約4.4キロもある巨大霊園です。霊園の中の横断幕には、「50万の御霊が眠る多磨霊園」との記述が。

0727野川06

多磨霊園の隣は目的地の野川公園です。緑が夏の太陽に鮮やかです。

0727野川07

11時45分、昼食兼休憩兼宴会の場所に到着です。平日の公園、人の姿もまばらで、気持ち良いくらいスッキリしています。

0727野川08

野川公園に来ると毎度お世話になっている憩いの売店。「生ビール」の幟が、汗をかいて疲れた体に元気を送りこんでくれます。

0727野川09

到着から1時間もすると、食事も終わり、生ビールも終わり、次のアルコールへ。ジョッキの中身が透明なのは水ではなく日本酒です。今回は日本酒(一升瓶をペットボトルに分散して持ってきました)と赤ワインを持参です。

生ビールのジョッキに、売店で頂いた氷を入れて、お酒を入れて乾杯。

0727野川11

公園に到着してから1時間半が経ちますが、相変わらずガランとしています。

0727野川12

日本酒も終わり、宴会も終盤に差し掛かり、今度はワインです。何度も売店で氷を頂きました。ありがとうございました。

0727野川13

通りかかった少年が、妙技を見せてくれました。うーん、なんと言うスポーツだったかな。見たことはあるんですけど。

0727野川14

空にはいかにも「夏です」という雲が。酔いも抜けてきたので、そろそろ宴会場所に別れを告げ、次の目的地のよみうりランドへと出発です。

0727野川16

よみうりランド「丘の湯」で一日の疲れを癒して

よみうりランドへと向かうケーブルカーが見えます。ケーブルカーで上がるような坂を自転車で上がっていきます。

0727野川17

途中から自転車を諦めて、降りて押してくるの図です。

0727野川18
今、調べたら、平均斜度7.5%、約1kmの坂でした。近い内に挑戦してみたいと思っているヤビツ峠は「道程11.7km、平均勾配5.6%」とのことですから、これよりは傾斜の少し緩い坂が12キロ近くも続くってことなんですね。

丘の上には、よみうりランドの大観覧車。

0727野川19

そのよみうりランドの一角にあるのが、本日の最終目的地「丘の湯」です。ここで2時間ほど温泉に入り、一日の疲れを洗い流し、最後に生ビールで乾杯して本日のツーリングは終了です。(ここから30キロ以上走って家に帰らなくちゃいけないんですけどね)

0727野川20


朝、8時に家を出て、帰り着いたのが夜の11時。15時間、総行程80kmの旅でした。


より大きな地図で 20120727野川 を表示  


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/219-0b877307

<< topページへこのページの先頭へ >>